「無為」の技法 Not Doing
エフォートレスな行動で、能力を最大化する

未 読
「無為」の技法 Not Doing
ジャンル
著者
スティーブン・デスーザ ダイアナ・レナー 上原裕美子 (訳)
出版社
日本実業出版社 出版社ページへ
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2020年03月05日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
「無為」の技法 Not Doing
「無為」の技法 Not Doing
エフォートレスな行動で、能力を最大化する
著者
スティーブン・デスーザ ダイアナ・レナー 上原裕美子 (訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
日本実業出版社 出版社ページへ
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2020年03月05日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

頑張っているのに前に進んでいないような気がする。そして、いつも何かをしなければという焦りが募る。毎日とにかく忙しい。ビジネスパーソンなら、誰しも一度はこんな気持ちになったことがあるだろう。ビジネスの現場では、即座の判断と行動を求められる機会が多い。私たちは、行動しなければという気持ちに突き動かされがちだ。こんな思いが募るのは、著者らによれば、自分の属するシステムと行動のダイナミクスが食い違っているからだという。流れに逆らって行動しようとするから疲れてしまうのだ。では、世界の自然なエネルギーに乗ってみるとどうなるだろうか。著者らはそれを「しない(Not Doing)」と呼び、その重要性を物語る多種多様なエピソードを紹介してくれる。

不安に突き動かされ、やみくもに行動する人々の例は、耳が痛いかもしれない。それに対し、「しない」を実践している人たちの生き方は、ゆったりとして心地良さそうだ。著者らの研究結果に裏付けされた本書は、「こんな奇跡のようなことが自分にも起こるかもしれない」と思わせてくれる力がある。

「しない」という選択をしたときに、あなたは何を生み出せるのだろうか。新型コロナウイルスの影響下で、これからの生き方の見直しを迫られているケースもあるだろう。そんなときこそ、心の目を開き、「しない」という視点に立ってみてはいかがだろうか。どんな創造性にふれられるのか、驚きとともに感じ取っていただきたい。

池田明季哉

著者

ダイアナ・レナー
企業コンサルタント、教師、作家。Uncharted Leadership Institute 共同創設者、Not Knowingラボ設立者。個人や組織が不確定な時代を進み、複雑な課題に立ち向かっていくためのサポートをしている。ハーバード大学、テキサス大学、オーストラリア各地の大学で教壇に立つ。夫と、子ども2人とともに、オーストラリアのメルボルン在住。

スティーブン・デスーザ
企業コンサルタント、教育者、エグゼクティブコーチ。ディーパーラーニング社取締役、IEビジネススクール非常勤講師、サイード・ビジネススクールとオックスフォード大学のアソシエイト・フェロー、INSEADリーダーシップコンサルタントおよびコーチ。世界的経営思想家を選ぶThinkers 50 Radarや、『HR』誌が全世界を対象に選ぶ「最も影響力のある人物」トップ30にも選ばれている。

本書の要点

  • 要点
    1
    「しなければならない」という衝動に突き動かされるのは、世界の自然な流れに逆らうせいだ。流れを受け入れる「しない(Not Doing)」を実践することによって、無理をせずに才能を発揮しやすくなる。
  • 要点
    2
    創造的であるためには、「ある」を追求する力である「ポジティブ・ケイパビリティ」と、「ない」を受容する力である「ネガティブ・ケイパビリティ」の組み合わせが重要であるが、多くの人には「ネガティブ・ケイパビリティ」が不足している。

要約

「しなければ」という執着

力まずに、広い視点を持つための「しない」
ooyoo/gettyimages

あまりに忙しく、最善を尽くしているのに手応えが感じられない。焦りが募り、喜びは少ない――。そんな気持ちになってしまうのは、自分と自分の属しているシステムの間で行動のダイナミクスが食い違い、空回りをしているせいかもしれない。波に抵抗し、もがいていると、へとへとになり、ときには心身を壊してしまう。

大事なのは、流れの中で岸にしがみつこうとする手を放すこと。そして、自分を取り巻く世界の自然なエネルギーに乗ってみることである。エネルギーを受け入れ、そのリードに従うのだ。本書ではそれを「しない(Not Doing)」と定義する。

「しない」と聞くと、空虚で人任せだと感じるかもしれないが、著者たちの意味するところはそうではない。ここでいう「しない」とは、物事をやりこなす方法を狭い視野で見ないための防御手段だ。押したり引いたりするのではなく、逆らわずに委ねて、ともに歩く。そうすることで力みをとって、現状をより広い視野で見られるようになる。無理に道を切り開こうとするのではなく、自然に切り開かれた道を選んで進む方が、速く、安全に目的地にたどり着けるのだ。

忙殺の日々

ここからは、「しなければ」という執着にとらわれてしまった人たちの例を紹介しよう。47歳のアレステアは、オーストラリアの大企業のCEOを務め、メルボルンの高級住宅地に住み、結婚して2人の息子に恵まれる。ビジネスで抜きんでた成功をつかんでいながら、彼は人生で最悪の状態といっても過言ではなかった。

子供の頃のアレステアは、父親が会社のお荷物扱いされて退職し、酒に溺れていく姿を見ていた。それを反面教師にし、「自分は人生の成功者になる」と決意。10代後半からインターンとして入った会社で順調にキャリアアップし、40歳でCEOの座を射止める。絵に描いたようなサクセスストーリーだが、貧しさへの恐怖から、働く時間や担う責務をどんどん増やしていった。睡眠も食事も犠牲にしていた彼は、健康を気遣う妻ともうまく話し合えず、不安を酒で慰めるようになる。心配や疲れから、家族にも八つ当たりをするようになった。そんなある日、アレステアが夜中に帰宅すると、家は無人だった。家族が出ていったのだ。

その後アレステアは、パニック発作を起こし、精神科医の助けを借りることとなる。貧乏への恐怖にかられて成功を追いかけていたが、はっきりした目標は描いていなかったのである。アレステアは医師とともに、成功への執着の背後にある心理的要因を探っていった。

そこでわかったのは、彼が本当に望んでいたのは、家族との絆と結束であるということだ。貧乏が家族を壊したと思っていた彼だったが、本当は他にも複合的な要因が絡み合っていたのだ。このエピソードは、仕事と人の不健全な関係の核心部分を垣間見せてくれる。

「逃すのが怖い」という気持ちに突き動かされる
HAKINMHAN/gettyimages

もう1つ、仕事と不健全な関係を築いてしまった人の例を紹介しよう。サムは、メルボルンの地方自治体でマネジャーとして働いていた。舞い込んでくる仕事全てに対し、「NO」といえずにいたという。断ったら、チームプレイができない、怠けている、無能だと思われるかもしれない。さらには、将来の機会を逃すかもしれない。そうした考えからすべてを引き受け、多大なストレスを感じていた。中にはやりがいのありそうなプロジェクトもあったため、仕事を減らそうとするたびに、「楽しい案件を逃すのでは」と不安になってしまうのだ。

「逃すのが怖い(fear of missing out, FOMO)」という感情は、珍しいものではない。これは、何かを逃したと思いたくない一心でしがみつく性癖のことだ。職場でのFOMOは、必要以上の委員会に参加したり、断りたい業務も引き受けたりするといった形であらわれる。FOMOの根底には、選ぶことへの不安がある。何かを選ぶことは、別の選択肢を除外することだ。「仕事をしている」という感覚に執着するのは、一種の依存といってよい。

自分の本当の願いは何なのか、自分で自分にどんな期待をかけているのか。私たちは自分の限界に向き合い、すべての選択肢を残すことはできないと認めなければならない。

【必読ポイント!】 「ない」を受容する力

ネガティブ・ケイパビリティの重要性

現代人は業績や成果、効率に対して多大なプレッシャーを感じている。一時停止して内省する時間やゆっくりとアイデアを練る時間は、あまり評価されない。

イギリスの学者ロバート・フレンチらは、仕事において2つのケイパビリティが必要だと語っている。1つは、「ある」を追求する力である「ポジティブ・ケイパビリティ」。もう1つは、「ない」を受容する力である「ネガティブ・ケイパビリティ」だ。この2つのケイパビリティの組み合わせが、確実と不確実の境目で働くための創造的度量、クリエイティブ・ケイパビリティを生むのだという。「ない」ことの受容にだけ固執すると、人任せで空疎に終わる。一方、「ある」ことの追求にのみ突き進むと、行動への執着が生まれてしまう。そして現代の私たちには、ネガティブ・ケイパビリティが圧倒的に足りていない。

天才指揮者が大切にする「ギャップ」
Furtseff/gettyimages

本書では、「しない」ことの可能性を引き出すためのネガティブ・ケイパビリティを、4つの視点に整理している。それは「泥が鎮まるのを待つ」「岸を離れる」「行く先は川が知っていると心得る」「そのアクションは美しいか」だ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

人間心理を徹底的に考え抜いた「強い会社」に変わる仕組み
人間心理を徹底的に考え抜いた「強い会社」に変わる仕組み
松岡保昌
未 読
リンク
自分をコントロールする力
自分をコントロールする力
森口佑介
未 読
リンク
管理しない会社がうまくいくワケ
管理しない会社がうまくいくワケ
中西真雄美(訳) アービンジャー・インスティチュート
未 読
リンク
未来を創るプレゼン
未来を創るプレゼン
伊藤羊一 澤円
未 読
リンク
文系AI人材になる
文系AI人材になる
野口竜司
未 読
リンク
なぜ僕らは、こんな働き方を止められないのか
なぜ僕らは、こんな働き方を止められないのか
松井博
未 読
リンク
「数字で考える」は武器になる
「数字で考える」は武器になる
中尾隆一郎
未 読
リンク
勉強の哲学
勉強の哲学
千葉雅也
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
あえて、数字からおりる働き方
あえて、数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
3
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未 読
リンク

イチオシの本

出版社のイチオシ#034
出版社のイチオシ#034
2020.07.10 update
リンク
読書がもっと好きになる3冊
読書がもっと好きになる3冊
2020.07.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年7月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年7月号)
2020.07.01 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
2020.06.26 update
リンク

インタビュー

【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
2020.06.29 update
リンク
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
2020.05.15 update
リンク
荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
【これからの本屋さん】 荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
2020.05.05 update
リンク
1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
あえて、数字からおりる働き方
あえて、数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
3
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未 読
リンク
心理的安全性を理解する5冊
心理的安全性を理解する5冊
2020.05.14 update
リンク
フリーランス書店員が語る、「知の探索」を促す書店とのつきあい方
フリーランス書店員が語る、「知の探索」を促す書店とのつきあい方
2019.01.16 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『「無為」の技法 Not Doing』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る