暗黒の啓蒙書

未 読
暗黒の啓蒙書
ジャンル
著者
ニック・ランド 五井健太郎(訳)
出版社
定価
2,090円(税込)
出版日
2020年05月20日
評点
総合
3.5
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
3.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
暗黒の啓蒙書
暗黒の啓蒙書
著者
ニック・ランド 五井健太郎(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,090円(税込)
出版日
2020年05月20日
評点
総合
3.5
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
3.0
本の購入はこちら
レビュー

光がまばゆく輝けば、それだけ影は濃くなっていく。啓蒙という言葉は、無知や迷信、偏見といった暗闇を理性の光で照らし、明るみに出して消し去るという意味をそなえているが、啓蒙の輝きが強くなればそれだけ暗闇も深くなっていくのだ。

様々なフィクションにおいて、「闇堕ち」するキャラクターはもともと善や正義を強く希求していたことが多い。それと同じように、自由、平等、民主主義、人権といった近代西洋の諸価値に深い信頼を寄せ、社会進歩や「革命」に大きな期待を持つ者ほど、啓蒙の欺瞞に絶望して「闇堕ち」してしまうのではないだろうか。

本書は、啓蒙の諸価値を疑い、白人たちのホワイト・ナショナリズムのような人種差別に理解を示す。しかし、表面的に現れている露悪的な記述の裏側には、むしろ人一倍の「純粋さ」が見え隠れしているようにも感じられる。

本書の記述の多くは、良識的な人の眉をひそめさせるだろう。「こんな考えが公にされるのはけしからん」と感じる人もいるかもしれない。だが、そもそも何故それを「けしからん」と感じるのか。あるいは、そもそも何故私たちは、民主主義は正しく、人種差別は根絶しなければならないと考えているのか。実際のところ、正しさの理由を考える必要なくある宗教を信仰している人たちのように、ただただ啓蒙の諸価値を信じているだけなのではないか。本書の意義は、新反動主義という「思想の対岸」を理解することで、私たちのそうした思考停止を回避させるところにあるのだ。

大賀祐樹

著者

ニック・ランド(Nick Land)
1962年、イギリス生まれ。初期にはバタイユを専攻。ドゥルーズ+ガタリの研究を経て、90年代中頃にはウォーリック大学の講師として「サイバネティック文化研究ユニット(Cybernetic Culture Research Unit: CCRU)」を設立。大陸哲学に留まらず、SFやオカルティズム、クラブカルチャーなどの横断的な研究に従事する。「暗黒啓蒙」なるプロジェクトを通して、「新反動主義」に理論的フレームを提供し、のちの「思弁的転回」や「加速主義」、「オルタナ右翼」に思想的インスピレーションを与えた。著書に“The Thirst for Annihilation: Georges Bataille and Virulent Nihilism”, “Fanged Noumena: Collected Writings 1987-2007”などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    民主主義は自由を根絶させる。自由を志向するリバタリアンたちは、民主主義的な〈声〉ではなく〈出口〉をオルタナティブなものとして求める。
  • 要点
    2
    ピューリタンをルーツに持つアメリカのリベラルな支配層である〈大聖堂〉は、民主主義や普遍主義を宗教的なものとして全世界に広めた。そこに疑問を投げかけようものならば、政治的不正さの思想犯の嫌疑をかけられ、異端として扱われてしまう。
  • 要点
    3
    人種差別を認めない〈大聖堂〉のリベラルな教義に対して、白人たちの逃避という現実が生じている。未来に対しては分離という展望しかない。

要約

自由な〈出口〉を求めて

民主主義からの〈出口〉
Alexmumu/gettyimages

啓蒙とは一つの状態であるだけでなく、ある出来事、プロセスを指す。具体的には、18世紀のヨーロッパ北部に生じた歴史的な出来事にたいする呼び名だ。「ルネサンス」「産業革命」とも呼ばれるが、近代の起源と本質をはっきりととらえたものとして、啓蒙はその「真の名前」とされるべき有力な候補であろう。

啓蒙は、プロセスそれ自体にたいして正当性を与える性格を持つ。したがって、退行的であったり、反動的であったりするような「暗黒の啓蒙」などと言い出すことは、語の本質にかかわるような矛盾になりかねない。啓蒙された状態になるということは、なんらかの導きを受けいれ、したがうことを意味するのである。暗黒の時代につづいて、啓蒙がもたらされる。この進展はあきらかに、一つのモデルとなるようなものなのである。

ひとたびなんらかの真理が啓蒙され、それが自明のものと見なされると、もはや後戻りはありえないことになる。保守主義は矛盾した立場にあるものとして非難される。

しかし、2009年4月に開かれたピーター・ティールらリバタリアン思想家たちの討議では、民主主義的な政治にたいする幻滅が率直に表明された。リバタリアンたちは次第に、人が「彼らに注意を向ける」かどうか気にかけるのをやめはじめている。まったく別のもの、出口(イグジット)を探しはじめているのだ。リバタリアン的な声(ヴォイス)が民主主義のなかでかき消されるのは構造的に避けられない。「声」とは民主主義それ自体のことであり、民衆の意志を代表するものとされ、声を聞き届けさせることが政治である。世界を覆い尽くすこの大衆の喧騒に、リバタリアンがなにかをつけ加えようとなんの意味もない。〈平等〉対〈自由〉ではなく〈声〉に対する〈出口〉こそが目下高まりつつあるオルタナティブであり、リバタリアンたちは声なき戦いを選択しているといえよう。

かれらのような筋金入りの新反動主義者からすれば、民主主義とは絶望そのものであることになる。そこから逃れていくことは、ほとんど至上命令のようなものなのだ。

新反動主義が目指すところ
KL Yuen/gettyimages

民主主義にたいするオルタナティブは本当に存在しないのだろうか。社会において主権が実現している状態である国家は、消しさることができない。それでも、民主主義を取り除くことはできる。国家を形式化してしまうのだ。これは、新反動主義の最シンパであるメンシウス・モールドバグが「新官房学」(ネオカメラリズム)と呼ぶアプローチだ。

国家は市民に「属している」のだという民主主義的な神話を打ち砕くために、資本家が誰に対して賄賂を支払っているのかを見極める必要がある。この資本主義的な政治形態において真に権力を持つに至った支配的存在は〈大聖堂〉(カテドラル)と呼ばれ、民主主義による汚職の領域を形成している。この政治権力を形式化することで、民主主義における賄賂が「企業としての政府」(ガヴ‐コープ)において株式の保有に転換されるのだ。そうなると国家の所有者は、企業としての政府のCEOを任命して、合理的な企業経営を行う。国家の関心事は長期的な株主価値の最大化として形式化されるため、住民は政治に対して興味を抱く必要がなくなる。企業としての政府が住民の支払う税にふさわしい価値を提供できない場合、住民は自らの税を別の場所に移すことができる。したがって、より魅力的で住民を惹きつけられるような国の運営をするようになるだろう。そこに声などいらない。ただ自由な出口だけがあるのだ。

民主主義と普遍主義への宗教的な信仰

民主主義は自由を食らう

民主主義は自由にとって致命的な脅威をもたらし、やがて確実に根絶させるだろう。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ブランデッドエンターテイメント
ブランデッドエンターテイメント
PJ・ペレイラ(編) 鈴木智也(監修・訳)
未 読
リンク
パラダイムシフト
パラダイムシフト
ピョートル・フェリクス・グジバチ
未 読
リンク
ワイズカンパニー
ワイズカンパニー
野中郁次郎 竹内弘高 黒輪篤嗣(訳)
未 読
リンク
Pitch ピッチ
Pitch ピッチ
Open Network Lab
未 読
リンク
公〈おおやけ〉
公〈おおやけ〉
猪瀬直樹
未 読
リンク
ディープメディスン
ディープメディスン
エリック・トポル 中村祐輔(監訳) 柴田裕之(訳)
未 読
リンク
人工知能が「生命」になるとき
人工知能が「生命」になるとき
三宅陽一郎
未 読
リンク
ビジネスの未来
ビジネスの未来
山口周
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
藤本梨恵子
未 読
リンク
2
超影響力
超影響力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
絶対忘れない勉強法
絶対忘れない勉強法
堀田秀吾
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

さあ、大人の学びの時間です!
さあ、大人の学びの時間です!
2021.06.18 update
リンク
生きやすくなるヒントは「古典」にあり
生きやすくなるヒントは「古典」にあり
2021.06.16 update
リンク
出版社のイチオシ#054
出版社のイチオシ#054
2021.06.11 update
リンク
その中毒性、知ってますか? 『スマホ脳』
【書店員のイチオシ】 その中毒性、知ってますか? 『スマホ脳』
2021.06.10 update
リンク

インタビュー

あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
2021.06.04 update
リンク
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
2021.06.01 update
リンク
『孫子』がバイブルのAI起業家、目指すはソフトバンク孫氏
『孫子』がバイブルのAI起業家、目指すはソフトバンク孫氏
2021.05.24 update
リンク
1
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
藤本梨恵子
未 読
リンク
2
超影響力
超影響力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
絶対忘れない勉強法
絶対忘れない勉強法
堀田秀吾
未 読
リンク
新米からベテランまで。リーダーになったら読みたい本
新米からベテランまで。リーダーになったら読みたい本
2021.05.21 update
リンク
出版社のイチオシ#047
出版社のイチオシ#047
2021.02.26 update
リンク
トラブルを乗りこなす「心理的安全で強いチーム」のヒント
トラブルを乗りこなす「心理的安全で強いチーム」のヒント
2021.03.15 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『暗黒の啓蒙書』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る