ディープメディスン
AIで思いやりのある医療を!

未 読
ディープメディスン
ジャンル
著者
エリック・トポル 中村祐輔(監訳) 柴田裕之(訳)
出版社
NTT出版 出版社ページへ
定価
3,600円 (税抜)
出版日
2020年05月31日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ディープメディスン
ディープメディスン
AIで思いやりのある医療を!
著者
エリック・トポル 中村祐輔(監訳) 柴田裕之(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
NTT出版 出版社ページへ
定価
3,600円 (税抜)
出版日
2020年05月31日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

本書は、「ディープメディスン」というコンセプトで、AI(人工知能)と医療のありたい未来の姿を描く。

ディープメディスン(深遠なる医療)はいくつかの要素からなるが、コアとなるのは、「患者と臨床医の間の、心の底からのディープな共感とつながり」である。AIの技術により、自動化・効率化が進むことで人間の本来の役割が復権、強化されるというシナリオだ。これは、医療だけではなく、さまざまな産業においてこれから起きる変化の方向性を示唆しているといえるだろう。ひと言でいえば、AIは「時間という贈り物」を与えてくれるのだ。

とはいえ、実際にAIへという順番が応用されているのはまだ医療の一部にとどまる。対象範囲を限定すれば抜群の精度と速度を達成するアルゴリズムであるが、人の体と病気はとんでもなく複雑である。医療制度というシステムも同様だ。本書は、そうした現状を冷静に、そしてていねいに描き出す。それができるのは、著者が現役の医師であり、AIをユーザーの立場から見ているからだろう。手段と目的という分け方をすれば、常に医療という目的から論考が進められている。技術用語や歴史も過不足なくまとめられており、AIについての一般的な知識は、本書のもので十分であろう。要約では省いたが、紹介されている多くの臨床ケースも理解を促進してくれる。

加えて、本書は今日の医療の現状が包括的に記述されており、現場の息吹もリアルに伝えてくれている。読み解くのに医療の専門知識を必要とはしない。多くの読者の目に触れることを願いたい一冊である。

しいたに

著者

エリック・トポル(Eric Topol)
1954年生まれ、医師、医学博士(ゲノム学)、作家。スクリプス研究所副社長(エグゼクティブ・ヴァイスプレジデント)、スクリプス臨床研究所・創設者兼所長、医学部門最高学術責任者(CAO)。2016年、米国国立衛生研究所助成による精密医療のプロジェクトPrecision Medicine Initiativeに参画。医学研究者の中で最も引用されているトップ10のひとりである。著書に本書の他、『今から患者が診させてくれます The Patient Will See You Now』『医療の創造的破壊 The Creative Destruction of Medicine』があり、いずれも全米ベストセラーとなった。カリフォルニア州ラホヤ在住。

本書の要点

  • 要点
    1
    AIがもたらすディープメディスンは、個々の人間のディープな(細部にわたる)データ、ディープラーニング、患者と臨床医のディープな共感とつながりの、3つのディープからなる。
  • 要点
    2
    新しい技術は、これまでデジタル化と民主化を医療にもたらしてきた。ディープラーニングはそれに続くものである。
  • 要点
    3
    医学や個々の患者についてのデータはアルゴリズムに任せ、医師は患者と豊かな人間関係を築くこと、苦しみにしっかり目を向け、それを緩和することが主な仕事になるだろう。

要約

深遠なる医療

ディープメディスン
metamorworks/gettyimages

私たちはAI(人工知能)医療の時代に入ったばかりだ。そのAIがもたらす未来の医療は「ディープメディスン(深遠なる医療)」と名づけることができるであろう。それは3つのディープからなる。

第1は、個々の人間のディープな(細部にわたる)データだ。それにはDNAゲノム、タンパク質などの解剖学的特性・生理学的特性といった生物学的特性のほかに、病歴や社会歴、行動歴、家族歴のすべてが含まれるかもしれない。

第2は、AIによるディープラーニングである。

第3は、患者と臨床医の間の、心の底からのディープな共感とつながりであり、これが最も重要な構成要素である。AIによって医師の診断能力が上がった先で大事になるのは、最も高い水準の情緒知能(EQ)を持つ医師の存在なのだ。

患者と医師と機械の適正なバランスを見極めなければならない。ディープメディスンは非常に望ましいものであり、医療を空前の水準まで引き上げるものだろう。

シャロウメディスン

一方、「シャロウメディスン(浅薄な医療)」とでも呼べる医療の実態がある。

アメリカでは頻発する誤診が社会的な問題になっている。不必要な検査や処置も多い。その原因は、患者と医師が心を通わせるどころか、心のつながりが途絶していることにある。

アメリカの診察時間は初診の場合で平均で12分、再診となれば7分である。しかも、医師はパソコン画面上の電子カルテとキーボードによる入力に気を取られ、患者と目を合わせる時間は限られている。

こうした医師と患者の浅いつながりは、誤診の温床となるばかりではない。個々の患者をきちんと個別に評価しない一律な検査、処置、投薬が、膨大な無駄と患者への負担を生じさせている。

医療、特に医薬品は、アメリカで医療費のかなりの増大を招いている一方で、平均余命が他国よりも短くなっている。アメリカは、あまりにもシャロウメディスンを野放しにしているのだ。医療診断のやり方を変える必要がある。

AIと医療の現状

ディープラーニング
metamorworks/gettyimages

医学界は必ずしも新しいテクノロジーの採用に積極的ではなかった。これまで、デジタル化(digitizing)、民主化(democratizing)という切り口から医療と技術について考察してきたが、ディープラーニング(deep learning)はそれに続く3つ目のDである。このDは、医療行為において不可欠の人間的要素の活性化につながると考えられている。

ディープラーニングの活用が進んでいるのは、ゲーム、画像、音声認識、自動運転車といった分野であり、それらと比べれば医療分野での応用はいまのところ限定的である。

とはいえ医療におけるディープラーニングは大きな可能性を秘めており、過去数年間にその成果は急増している。たとえば、病院において臨床医のサポートを行い、医師が診断に使うパターンの認識や機械学習を積み重ねている。また、一般人が自分の健康や疾患を今までよりもうまく管理できるように指導する、バーチャルな医療アシスタントの働きも見せている。

医療における診断の不正確さなどの問題を改善するものとして期待されているが、現時点では満足のいくレベルには達していない。

パターン中心的医療

AIは、放射線科医、皮膚科医のような、画像診断によるパターン認識が多くの仕事を占めている「パターン中心的医療」を担う臨床医のサポートが期待できる。人から採取した組織のスライドを調べ、病気に最終的な診断を下す役割を担う病理医についても同様だ。

AIは、いずれそうした医師たちに取って代わるのではないかという言説もあるが、当面はそのようなことはないだろう。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ブランデッドエンターテイメント
ブランデッドエンターテイメント
PJ・ペレイラ(編) 鈴木智也(監修・訳)
未 読
リンク
ワイズカンパニー
ワイズカンパニー
野中郁次郎 竹内弘高 黒輪篤嗣(訳)
未 読
リンク
暗黒の啓蒙書
暗黒の啓蒙書
ニック・ランド 五井健太郎(訳)
未 読
リンク
公〈おおやけ〉
公〈おおやけ〉
猪瀬直樹
未 読
リンク
人工知能が「生命」になるとき
人工知能が「生命」になるとき
三宅陽一郎
未 読
リンク
ビジネスの未来
ビジネスの未来
山口周
未 読
リンク
Life Kinetik® 脳が活性化する世界最先端の方法
Life Kinetik® 脳が活性化する世界最先端の方法
ホルスト・ルッツ 繁田香織(訳)
未 読
リンク
命の経済
命の経済
ジャック・アタリ 林昌宏(訳) 坪子理美(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
「具体⇄抽象」トレーニング
「具体⇄抽象」トレーニング
細谷功
未 読
リンク
2
2040年の未来予測
2040年の未来予測
成毛眞
未 読
リンク
3
あなたは、あなたなりに生きれば良い。
あなたは、あなたなりに生きれば良い。
加藤諦三
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

VRは私たちの「知」をどう劇的に変えるのか?
【フライヤー研究所コラム】 VRは私たちの「知」をどう劇的に変えるのか?
2021.03.02 update
リンク
コロナ禍の今だからこそ学び直したい! 『サクッとわかる ビジネス教養 地政学』
コロナ禍の今だからこそ学び直したい! 『サクッとわかる ビジネス教養 地政学』
2021.03.02 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年1月~2月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年1月~2月)
2021.02.26 update
リンク
出版社のイチオシ#047
出版社のイチオシ#047
2021.02.26 update
リンク

インタビュー

適職の「当たり前」をアップデートせよ
適職の「当たり前」をアップデートせよ
2021.03.05 update
リンク
コロナ疲れのいま、「幸福学」を学ぶ意義とは?
コロナ疲れのいま、「幸福学」を学ぶ意義とは?
2021.02.11 update
リンク
250万部選手に聞く、ちゃんと考える人になるためのメモ術
250万部選手に聞く、ちゃんと考える人になるためのメモ術
2021.02.09 update
リンク
ピョートルさんに聞く、「パラダイムシフト」を自分軸で生きるには?
ピョートルさんに聞く、「パラダイムシフト」を自分軸で生きるには?
2021.02.02 update
リンク
1
「具体⇄抽象」トレーニング
「具体⇄抽象」トレーニング
細谷功
未 読
リンク
2
2040年の未来予測
2040年の未来予測
成毛眞
未 読
リンク
3
あなたは、あなたなりに生きれば良い。
あなたは、あなたなりに生きれば良い。
加藤諦三
未 読
リンク
読者が選ぶビジネス書グランプリ2021受賞7作品から選ぶ、あなたにぴったりの要約
読者が選ぶビジネス書グランプリ2021受賞7作品から選ぶ、あなたにぴったりの要約
2021.02.24 update
リンク
おうち時間を有効活用!自分磨きに役立つ3冊
おうち時間を有効活用!自分磨きに役立つ3冊
2021.01.18 update
リンク
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『ディープメディスン』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る