人類とイノベーション

世界は「自由」と「失敗」で進化する
未読
日本語
人類とイノベーション
人類とイノベーション
世界は「自由」と「失敗」で進化する
未読
日本語
人類とイノベーション
出版社
NewsPicksパブリッシング

出版社ページへ

定価
2,860円(税込)
出版日
2021年03月03日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

ここ10年で、ほぼすべての人の生活水準は劇的に良くなった。極貧生活を送る人の数は史上はじめて10パーセント未満に減ったし、マラリアの致死率も急激に下がった。戦争もまれになった。電話での会話だって、Wi-Fiのおかげで基本的に無料だ。もちろん悪くなったこともあるが、良くなっていることのほうが圧倒的に多い。

世界は過去も現在も未来も、悪い方向ではなく良い方向に進んでいるのはイノベーションのおかげだ――『繁栄』や『赤の女王』などの名著の執筆者として知られる著者はそう主張し、「合理的な楽観主義者」を名乗る。彼によれば、イノベーションとはエネルギーを利用してありえないものをつくり、それを広める新たな方法を見つけることだという。

本書の原題は「HOW INNOVATION WORKS」というシンプルなものだが、邦題に「人類」という単語があるように、イノベーションを軸に壮大な人類史を描き出し、新しい世界の見方を提示している。前半で「エネルギー」「公衆衛生」「輸送」「食料」「ローテク」「通信とコンピュータ」「生命」といった具体的なイノベーションを紹介し、後半でそれらに共通する本質について考察するという構成だ。本要約ではその中から、「エネルギー」と「生命」のイノベーションを主に取り上げるが、どのページを開いても新しい発見があるに違いない。

ライター画像
しいたに

著者

マット・リドレー(Matt Ridley)
リチャード・ドーキンス(『利己的な遺伝子』)と並び称される科学・経済啓蒙家。英国貴族院議員(子爵)。元ノーザンロック銀行チェアマン。
1958年、英国ノーザンバーランド生まれ。オックスフォード大学で動物学の博士号を取得。「エコノミスト」誌の科学記者を経て、英国国際生命センター所長、コールド・スプリング・ハーバー研究所客員教授を歴任。オックスフォード大学モードリン・カレッジ名誉フェロー。
事実と論理にもとづいてポジティブな未来を構想する「合理的楽観主義(Rational Optimism)」の提唱者として世界的に著名で、ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック創業者)らビジネスリーダーの世界観に影響を与えたビジョナリーとして知られる。合理的楽観主義をはじめて提示した著書『繁栄:明日を切り拓くための人類10万年史』(早川書房)はゲイツ、ザッカーバーグが推薦図書にあげている。
他の著作に『やわらかな遺伝子』『赤の女王』『進化は万能である』などがあり、著作は31か国語に翻訳。最新刊である本書『人類とイノベーション』は発売直後から米英でベストセラーを記録している。

本書の要点

  • 要点
    1
    イノベーションとは、発明を実用的かつ手ごろな価格で、信頼できるかたちで定着するところまで発展させることだ。ゆえに発明そのものより、はるかに大きな意味をもつ。
  • 要点
    2
    イノベーションはゆるやかに生まれるものであって、突然現れるものではない。そこに劇的なものはなにもない。
  • 要点
    3
    イノベーションはつねに協力と共有を必要とする。独りの人間だけでできることは、ほぼない。
  • 要点
    4
    イノベーションは、振り返ってみればあきれるくらい予測可能に思えるが、実際には予測しようとしてもまったくもって不可能だ。

要約

エネルギーのイノベーション

熱と仕事
Keith Lance/gettyimages

古来、人類が使ってきたエネルギーは、おもに2種類に分けられる。「熱」と「仕事」だ。人びとは暖を取って、食べ物を調理するために木や石炭を燃やした(熱)。また、物を動かすのに自分や牛馬の筋肉を使い、たまに水車や風車を利用した(仕事)。かつてこの2つのエネルギーは別々のものと見なされ、木や石炭が力学的な仕事をすることはなく、風や水や牛が何かを熱することもなかった。

だが1700年を過ぎた頃から、この2つのエネルギーがつながるようになった。蒸気が「熱」を「仕事」に変換したのである。蒸気機関という、人類史上最も重要なイノベーションの誕生だ。

蒸気機関はワットの偉業だと思われているが、それは違う。ワットは最初の蒸気機関が生まれてから半世紀近く後に、大きな改善を加えただけだ。蒸気機関を最初に発想したのは、北西ヨーロッパに住む1人もしくは複数人だ。このようなスタートポイントのあいまいさは、イノベーションのひとつの特徴である。

斜陽産業となった原子力発電

電球を発明したのはエジソンだと信じられているが、これも違う。ただしエジソンが6000種類以上の材料を試したうえで、日本の竹をファラメント(芯)にし、電球を実用レベルのものにしたことは間違いない。

イノベーションは、「発明」とは異なる。イノベーションとは発明を、実用的かつ手ごろな価格で、なおかつ信頼できて定着するところまで発展させることであり、発明そのものよりはるかに大きな意味をもつ。たとえば人工の明かりは、最も偉大なイノベーションのひとつであり、それを安価にしたのがエジソンの電球だ。エジソンは、発明家ではなくイノベーターなのである。

一方で、行き詰まりをみせているイノベーションが原子力発電だ。イノベーションには試行錯誤、言い換えるなら「自由」と「失敗」が欠かせない。だが原子力は失敗の代償があまりにも大きいので、実質的に試行錯誤が封じ込められている。現状では、「新設される発電所より古いものが閉鎖されるペースのほうが速い」という斜陽産業になり果てているのもそのためだ。

生命のイノベーション

同時に発生した農業
AegeanBlue/gettyimages

農業が、人類にとって大きなイノベーションであったことは言うまでもない。農業によって、人類は狩猟と採集をするまばらな集団から、土地の生態系に手を加える密度の高い集団へと変わった。それはまた、王や神、戦争のような、それまでなかった新しい文化イノベーションを生み出した。

農業に関しては、ひとつの疑問が指摘されている。近東、中国、アフリカなど、少なくとも世界の7カ所で、それぞれまったく無関係に、それにもかかわらずほぼ「同時」に始まったことである。

それを説明するのが「気候」だ。1万2000年前に、世界は氷河時代(更新世)から現在の間氷期(完新世)に移行した。気候が温暖で湿潤になり、安定した状況になると、ほぼ同時に人びとは植物を積極的に採取し育てるようになった。農業は、他の多くのイノベーションと同じように、起こるべくして起こった。必然であり不可避だったからこそ、多くの異なる場所で発生したのだ。

遺伝子のイノベーション

農業は、人間の遺伝子をも変えた。そのイノベーションとは、8000年前ごろに発明された

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
唯識の思想
唯識の思想
横山紘一
未読
デジタルエコノミーの罠
デジタルエコノミーの罠
山形浩生(訳)マシュー・ハインドマン
未読
ディープテック
ディープテック
丸幸弘尾原和啓
未読
 ZERO IMPACT ゼロ・インパクト
ZERO IMPACT ゼロ・インパクト
鉢嶺登
未読
ウィニングカルチャー
ウィニングカルチャー
中竹竜二
未読
買い物ゼロ秒時代の未来地図
買い物ゼロ秒時代の未来地図
望月智之
未読
News Diet
News Diet
ロルフ・ドベリ安原実津(訳)
未読
自助論
自助論
サミュエル・スマイルズ竹内均(訳)
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様