孤独と不安のレッスン

未 読
孤独と不安のレッスン
ジャンル
著者
鴻上尚史
出版社
定価
748円(税込)
出版日
2011年02月15日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
孤独と不安のレッスン
孤独と不安のレッスン
著者
鴻上尚史
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
748円(税込)
出版日
2011年02月15日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

本書には、「シラフの時は頼れる仲間なのに、酒に酔うと彼女を殴る最低の男」という話が出てくる。あなたなら、このような男とどのようにつきあうだろうか? 簡単に関係を断つことができれば話は簡単だが、必ずしもそうはいかないこともあるだろう。

著者は、自分と関係のない人は「他人」であるが、自分に喜びや幸せと同時に孤独や不安を与える人は「他者」だという。「他者」とどのようにつきあうかによって、人間的成熟度が測られるといっていい。

「他者」とのつきあい方に熟達するには、まず「本当の孤独」を理解することが重要だ。孤独はみじめなことでも、みっともないことでもない。みじめだと思い、ネットや周囲の人になぐさめを求める状態は、「ニセモノの孤独」だ。自分との対話を重ね、「自分は何がしたいのか?」「本当は何を考えているのか?」を理解できれば、そうした苦しみから解放され、のびのびと生きられるはずだ。

もちろん日本で「本当の孤独」を生きるのは難しい。世間とは、私たちにとって神のような存在だからだ。世間に従い、「みんな仲良く」と迫ってくる圧力はとても強い。しかしそれを振り切って、「1人でもかまわない」と思ったほうがいい。世間はあなたの人生に最終責任を取ってはくれないからだ。

孤独や不安から逃れることはできない。しかし練習によって、孤独や不安と向き合い、うまくつきあうことはできる。そのための実践的なスキルを、本書から学んでみてはいかがだろうか。

ヨコヤマノボル

著者

鴻上尚史(こうかみ しょうじ)
1958年愛媛県生まれ。早稲田大学 法学部卒業。在学中に劇団「第三舞台」を結成、以降、作・演出を手掛ける。1987年「朝日のような夕日をつれて」で紀伊國屋演劇賞、1992年「天使は瞳を閉じて」でゴールデン・アロー賞、1994年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞、2009年「グローブ・ジャングル」で読売文学賞戯曲賞を受賞する。日本劇作家協会会長。また、舞台公演のかたわら、 映画監督、ラジオパーソナリティ、小説家、エッセイスト、など幅広く活動中。NHK BSの「発掘! かっこいいニッポン」では、2006年の番組開始から司会者を務める。主な著書に『鴻上尚史のほがらか人生相談』(朝日新聞出版)、『親の期待に応えなくていい』(小学館)、『「空気」を読んでも従わない』(岩波ジュニア新書)、『コミュニケイションのレッスン』『幸福のヒント』(以上だいわ文庫)など多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    「本当の孤独」を知れば、自分を理解し、成長し、今まで気づかなかったネットワークに気づくことができる。
  • 要点
    2
    あなたと関係のない人は「他人」だが、大きな喜びや幸福を与えてくれる反面、激しい孤独と不安も生み出す人は「他者」である。他者とのつきあいは、人間的成熟度のバロメーターだ。
  • 要点
    3
    つらいとき、不安なときに支えてくれる人がほしければ、まずは何かの「おみやげ」を渡して受け取ってくれる人間関係をつくるとよい。

要約

【必読ポイント!】 本当の孤独を知る

どうして1人じゃいけないのか?
recep-bg/gettyimages

1人でいることは、みじめで恥ずかしい。はたしてそうなのだろうか。本当は、1人がみじめなのではなく、「1人はみじめだ」と思い込んでいることに苦しめられているだけだ。

もし「1人はみじめじゃない」と思えればどうか。1人の時間は、びっくりするくらい豊かな時間となり、さまざまな発見を経験する時間となる。逆に「1人はみじめだ」と思い悩み、心を忙しくし、とにかく他人を求める状態は「ニセモノの孤独」である。

これに対して「本当の孤独」とは、自分とちゃんと対話することだ。1人で一週間以上旅をして、やることが何もないと、自分の一番深い部分と対話できるようになる。自分が「本当は何をしたいのか?」「本当は何を考えているのか?」を知るためには、一定の時間何もせず、退屈し、孤独になることが必要だ。

本当の孤独を生きると新しいネットワークが見つかる

「1人でいてもいい」と思うだけで、あなたは「ニセモノの孤独」の苦しみからも、うっとうしい人間関係からも解放される。晴れ晴れとした、楽な気持ちになれるだろう。

あなたは、「じゃあ、一生、1人のままなのか」と心配するかもしれない。そんなときは、誰かで気を紛らわさずに、孤独の中で自分自身のことを考えてみるといい。自分の深い部分と本音の対話をすることで、あなたは成長する。そして成長した結果、今まで気づかなかった新しいネットワークを発見するだろう。

あなたが「本当の孤独」に生きていれば、出会う人は同じく「本当の孤独」を生きている人である。あなたが出会う人は、あなたの水準と対応する人だからだ。あなたがアマチュアレベルなら、出会う人もアマチュアレベルである。あなたが「ニセモノの孤独」に苦しんでいれば、出会う人も「ニセモノの孤独」に苦しんでいる人なのだ。

中途半端に壊れた共同体

私たちが1人でいることをみじめだと思うのは、日本人にとって「世間」が神だからだ。一神教を信じる人たちにとって、神を裏切ることは心を殺すことである。それと同じように、私たちは世間、つまり共同体に逆らうことを、社会的生命を断たれることと同じように考えている。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

フォン・ノイマンの哲学
フォン・ノイマンの哲学
高橋昌一郎
未 読
リンク
妄想する頭 思考する手
妄想する頭 思考する手
暦本純一
未 読
リンク
勝てるデザイン
勝てるデザイン
前田高志
未 読
リンク
野菜も人も畑で育つ
野菜も人も畑で育つ
萩原紀行
未 読
リンク
学び方の学び方
学び方の学び方
バーバラ・オークレー オラフ・シーヴェ 宮本喜一(訳)
未 読
リンク
海外で結果を出す人は、「異文化」を言い訳にしない
海外で結果を出す人は、「異文化」を言い訳にしない
グロービス 著 高橋亨 執筆
未 読
リンク
考えることこそ教養である
考えることこそ教養である
竹中平蔵
未 読
リンク
読書大全
読書大全
堀内勉
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
藤本梨恵子
未 読
リンク
2
超影響力
超影響力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
絶対忘れない勉強法
絶対忘れない勉強法
堀田秀吾
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

出版社のイチオシ#054
出版社のイチオシ#054
2021.06.11 update
リンク
その中毒性、知ってますか? 『スマホ脳』
【書店員のイチオシ】 その中毒性、知ってますか? 『スマホ脳』
2021.06.10 update
リンク
その「妄想」を「現実」にするには?
【要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ!】 その「妄想」を「現実」にするには?
2021.06.08 update
リンク
脳をフル活用するために読んでおきたい5冊
脳をフル活用するために読んでおきたい5冊
2021.06.07 update
リンク

インタビュー

あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
「攻めのDX」とコストゼロ時代の生き残り戦略
2021.06.04 update
リンク
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
自分軸はブレていい。理想のキャリアを手にする「転職2.0」とは?
2021.06.01 update
リンク
『孫子』がバイブルのAI起業家、目指すはソフトバンク孫氏
『孫子』がバイブルのAI起業家、目指すはソフトバンク孫氏
2021.05.24 update
リンク
1
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
なぜか好かれる人がやっている 100の習慣
藤本梨恵子
未 読
リンク
2
超影響力
超影響力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
絶対忘れない勉強法
絶対忘れない勉強法
堀田秀吾
未 読
リンク
新米からベテランまで。リーダーになったら読みたい本
新米からベテランまで。リーダーになったら読みたい本
2021.05.21 update
リンク
出版社のイチオシ#051
出版社のイチオシ#051
2021.04.16 update
リンク
誰もが「水を得た魚」になれる場をデザインする
誰もが「水を得た魚」になれる場をデザインする
2021.03.23 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『孤独と不安のレッスン』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る