パーパス経営
30年先の視点から現在を捉える

未 読
パーパス経営
ジャンル
著者
名和高司
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
3,080円(税込)
出版日
2021年05月06日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
パーパス経営
パーパス経営
30年先の視点から現在を捉える
著者
名和高司
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
3,080円(税込)
出版日
2021年05月06日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

あなたは、自分が働いている企業の「志」を語れるだろうか? その企業ならではの価値、社会に貢献するという想いを説明できるだろうか?

自らの利益のみを追及し、地球環境や取引先、あるいは従業員を痛めつけることを省みない企業がもはや時代遅れであることは、誰の目にも明らかだ。自己増殖するカネの運動によって全てが回るという素朴な資本主義は、もはや終わりを迎えようとしている。

では、その先は何か。企業活動に必要な三大要素は「ヒト・モノ・カネ」であるが、いま先進国では「モノ余り」と「カネ余り」の状態が続いている。21世紀の価値創造の基軸は「ヒト」以外にない。しかもその根幹は単なる欲望にもとづくものではなく、他者にとって価値のあることをしたいという信念、すなわち「志(パーパス)」である。これが本書の主旨だ。

「志」という漢字は「士(さむらい)の心」と書く。武士たちが行動規範とした「仁」や「義」といった考え方。日本に資本主義を根付かせた渋沢栄一は、道徳と利益の両立する企業社会を実現するため、このような孔子の教えをベースに「論語と算盤」を書いている。私たちは改めて渋沢に学ぶべきなのだ。

しかし、道徳と利益の両立は簡単ではない。個別の技術や事業ではない、真のイノベーションが必要だからだ。それは志にもとづいて企業のあり方を再構築することによってのみ実現できる、と本書は主張する。

未来に向けた決断に正解などない。著者の言うように、志を実現しようとする決意こそ、未来を切り開くのだ。

ヨコヤマノボル

著者

名和高司(なわ たかし)
一橋大学ビジネススクール客員教授。1980年東京大学法学部卒業、三菱商事入社。90年ハーバード・ビジネススクールにてMBA取得(ベーカー・スカラー)。その後、約20年間、マッキンゼーのディレクターとしてコンサルティングに従事。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、多様な業界において次世代成長戦略、全社構造改革などのプロジェクトに幅広く従事。2011~16年ボストン コンサルティング グループのシニアアドバイザー。14年より30社近くの次世代リーダーを交えたCSVフォーラムを主宰。10年より一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任教授、18年より現職。問題解決、イノベーション、コーポレートガバナンス、デジタルトランスフォーメーション、CSV経営などの講座を担当。ファーストリテイリング、味の素、NECキャピタルソリューション、SOMPOホールディングスの社外取締役、三菱ケミカル、日本電産、インターブランドジャパン、アクセンチュアなどのシニアアドバイザーを兼務。主な著書に『学習優位の経営』(ダイヤモンド社)、『CSV経営戦略』『企業変革の教科書』(ともに東洋経済新報社)、『経営改革大全』(日本経済新聞出版社)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    資本が無限に増殖することをめざす資本主義の破綻は誰の目にも明らかだ。21世紀は「志」を基盤とした「志本主義」をめざすべきではないか。
  • 要点
    2
    いま経営者や投資家は、企業の社会的価値の規範をESG、SDGs、CSVという3つの3文字言葉に求めている。しかしこれらは資本主義の論理の中で答えを出そうともがいているにすぎず、これだけでは志本主義に到達できない。
  • 要点
    3
    志本経営を実現するコンセプトとして、現在のSDGsに変わる「新SDGs」を提唱する。新SDGsとはサステナビリティ、デジタル、グローバルズの3つだ。

要約

志本経営とは何か

資本主義の破綻

資本主義の破綻は今や誰の目にも明らかだ。資本は放っておくと果てしなく自己増殖をめざし、人間はその奴隷として働かされるようになる。マルクスはそれを労使の対立構造と捉えたが、今や資本家や企業人そのものが資本の自己増殖本能の奴隷になっている。

資本の野放図な自己増殖が成長の限界を招くのであれば、それを回避するために資本から主権を奪い返さなければならない。

資本主義における「ヒト・モノ・カネ」という生産活動の三大要素のうち、「カネ」と「モノ」はコモディティ化している。経済の主体は「カネ(キャピタル)」から「ヒト(タレント)」へとシフトするだろう。しかもその源泉は資本主義を駆動してきた欲望を超えて、他者にとって価値のあることをしたいという利他的な信念、すなわち「志(パーパス)」だ。

資本主義を超えて
Anueing/gettyimages

いまグーグルで「purpose」を検索すると、何件ヒットするかご存じだろうか。1999年には30万件だったが、2019年には年間3億6000万件だ。パーパスは経営の世界でももてはやされている。

パーパス旋風は日本でも吹き始めているが、日本企業は古来「志」を軸に活動を行ってきた。資本主義が破綻した今こそその原点に立ち返り、見えない未来に向けて志を貫いていく「志本主義」をめざすべきではないだろうか。

ただし、資本主義の欠陥は無限に自己増殖を繰り返す点にあるとしても、誰もが成長に背を向け、ユートピア的な世界観を求めることには違和感が残る。貧困や食料の枯渇、高齢化、今回のコロナショックへの対応といった社会問題の解決を放置することにつながるからだ。

「脱成長」は魅力的な選択肢に見えるが、未解決の課題に立ち向かい、未来を切り開いていく「志」こそが、今問われているのである。

渋沢栄一と志本主義

経営学の父、ピーター・ドラッカーは『現代の経営』の中で、「社会は企業から逃れられない。企業が十分な利益を生みださなければ、社会が損失を被る。企業がイノベーションや成長に成功しなければ、社会が貧困化する」と説く。その彼が「企業の社会的責任を正面から捉えていた」と高く評価するのが渋沢栄一である。

彼は日本に資本主義を根付かせることに尽力すると同時に、「利益拡大」を目的化しやすい資本主義の本質的な弱点にも気づいていた。それに屈しないためにも、道徳と利益の両立をめざす仁や義といった孔子の教えのような、高い倫理観と高い志の重要性を訴えた。

「自利利他」や「三方よし」など、日本では同様の教えには事欠かない。その一見「古風」な価値観は次世代にもつながっている。渋沢栄一の玄孫(やしゃご)にあたる渋澤健氏は、ミレニアル世代を次のように評する。「社会と利益が一緒に得られるビジネスを行いたいときにパッと動ける」かれらの価値観は、「利益の最大化ではなく価値の最大化にある」。

【必読ポイント!】 志本経営の時代

3文字言葉の弊害
piyaset/gettyimages

いま世界は、ESG、SDGs、CSVという3つの3文字言葉によって欲望資本主義を超えようとしている。しかしこれらは資本主義の論理の中で答えを出そうともがいているにすぎず、志本主義には到達しえない。

まず「環境・社会・統治」を意味するESGは本来、機関投資家に提言された投資原則だ。投資先のリスクに足をすくわれないための指標であって、これを企業の経営目標にしてリスク回避に走るのは、価値創造に逆行することになりかねない。

大きな注目を浴びているSDGsは、サステナビリティ(持続可能性)の目標を当たり前の項目に限定した、いわば「規定演技」である。その企業ならではの独自性も真の競争優位も、ワクワクするような「志」も感じられない。それに、トップラインは上がってもコストがそれ以上にかかる。

そこで注目なのが、社会価値と同時に経済価値も高めるCSV(共通価値の創造)だ。ただし、これを実現するにはイノベーションの視点が必要となる。

世界と日本の志本経営企業

世界最大の食品会社であるネスレは、イノベーションを軸にCSV企業の元祖と目されるようになった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

リーダーの「挫折力」
リーダーの「挫折力」
冨山和彦
未 読
リンク
人間主義的経営
人間主義的経営
ブルネロ・クチネリ 岩崎春夫(翻訳)
未 読
リンク
つながり過ぎた世界の先に
つながり過ぎた世界の先に
マルクス・ガブリエル 大野和基(インタビュー・編) 髙田亜樹(訳)
未 読
リンク
人事の組み立て
人事の組み立て
海老原嗣生
未 読
リンク
理不尽な進化 増補新版
理不尽な進化 増補新版
吉川浩満
未 読
リンク
スピノザ入門[改訂新版]
スピノザ入門[改訂新版]
ピエール=フランソワ・モロー 松田克進(訳) 樋口善郎(訳)
未 読
リンク
IGPI流 DXのリアル・ノウハウ
IGPI流 DXのリアル・ノウハウ
冨山和彦 望月愛子
未 読
リンク
グレート・リセット
グレート・リセット
クラウス・シュワブ ティエリ・マルレ 藤田正美(訳) チャールズ清水(訳) 安納令奈(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
9割の社会問題はビジネスで解決できる
9割の社会問題はビジネスで解決できる
田口一成
未 読
リンク
2
なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?
なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?
根本裕幸
未 読
リンク
3
小売の未来
小売の未来
ダグ・スティーブンス 斎藤栄一郎(訳)
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

出版社のイチオシ#062
出版社のイチオシ#062
2021.10.15 update
リンク
10月16日は「ボスの日」
10月16日は「ボスの日」
2021.10.14 update
リンク
10月9日は「トラックの日」
10月9日は「トラックの日」
2021.10.07 update
リンク
10 月1日は「コーヒーの日」
10 月1日は「コーヒーの日」
2021.09.29 update
リンク

インタビュー

あなたに合った学び方が必ず見つかる
あなたに合った学び方が必ず見つかる
2021.10.18 update
リンク
なぜ、いま企業に「ナラティブ」が必要なのか?
なぜ、いま企業に「ナラティブ」が必要なのか?
2021.10.12 update
リンク
スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
2021.10.08 update
リンク
今日から「数字に強い人」になれるシンプルな3つの方法
今日から「数字に強い人」になれるシンプルな3つの方法
2021.10.05 update
リンク
1
9割の社会問題はビジネスで解決できる
9割の社会問題はビジネスで解決できる
田口一成
未 読
リンク
2
なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?
なぜ、あなたは他人の目が気になるのか?
根本裕幸
未 読
リンク
3
小売の未来
小売の未来
ダグ・スティーブンス 斎藤栄一郎(訳)
未 読
リンク
朝の時間をもっと楽しく! あなたの朝活を充実させる本
朝の時間をもっと楽しく! あなたの朝活を充実させる本
2021.09.21 update
リンク
コロナ禍の休日、どう過ごす?
コロナ禍の休日、どう過ごす?
2021.04.20 update
リンク
「心のクセ」を知れば、もっと快適に生きられる
「心のクセ」を知れば、もっと快適に生きられる
2021.08.30 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『パーパス経営』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る