14歳からの個人主義
自分を失わずに生きるための思想と哲学

未 読
14歳からの個人主義
ジャンル
著者
丸山俊一
出版社
大和書房
定価
1,650円(税込)
出版日
2021年11月01日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
14歳からの個人主義
14歳からの個人主義
自分を失わずに生きるための思想と哲学
著者
丸山俊一
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
大和書房
定価
1,650円(税込)
出版日
2021年11月01日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
おすすめポイント

あなたは自分を見失ってはいないだろうか。こう聞かれて「はい」と答える人はまずいないだろうが、よく考えると思い当たることがあるはずだ。「よく寝た」と思って起きたのに、スマートウォッチに「浅い眠り」と表示されたのを見て「やっぱりよく寝れなかったかも」と思ったことはないだろうか。SNSで反応が欲しくて、ちょっとだけ「話を盛って」しまったことは? 同僚が他の人の悪口を言っていて、否定できずに話を合わせたことは?

生きていて、自分を少しも「ごまかした」経験がない人はいないだろう。著者はその積み重ねによって、人は「自分を見失う」のだと述べている。現代社会は変化が激しく、人間関係を含め、さまざまな問題が複雑化している。そんな中で「自分を見失わない」ための「個人主義」を説くのが本書だ。

本書はタイトルにもあるように、14歳くらいの、思春期を迎え、人間関係が複雑化してきた世代がターゲットだ。そのため、平易な言葉で書かれており、例も豊富でわかりやすい。しかし、もちろん大人が読んでも多くの気づきが得られる内容となっている。日々ものすごいスピードで移り変わる現代社会は、誰もが「初めて」の状況に身を置かざるを得ない。もしかしたら現代は誰もが「14歳」の悩みを抱えているのかもしれない。

本書は「自分」ときちんと向き合うためのヒントを、夏目漱石やフロム、荘子、モンテーニュなどの言葉から読み解いていく。変化の激しい毎日だからこそ、変わらぬ「自分」を持つことの大切さを考えさせられる一冊だ。

ライター画像
千葉佳奈美

著者

丸山俊一(まるやま しゅんいち)
NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー/東京藝術大学客員教授/早稲田大学非常勤講師
1962年長野県松本市生まれ。旭町中学校、松本深志高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。「英語でしゃべらナイト」「爆笑問題のニッポンの教養」「仕事ハッケン伝」「ニッポン戦後サブカルチャー史」「ニッポンのジレンマ」「地球タクシー」「人間ってナンだ?超AI入門」ほか数多くの異色教養エンターテインメント、ドキュメントを企画開発、制作統括。大学では、社会哲学、社会思想を講じる。現在も「欲望の資本主義」「欲望の時代の哲学」をはじめとする「欲望」シリーズの他、「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」「世界サブカルチャー史」などをプロデュースし続ける。妻と黒猫と暮らす、遊歩人。
@shunzzzz1
著書『14歳からの資本主義』『すべての仕事は「肯定」から始まる』(大和書房)、『結論は出さなくていい』(光文社新書)、制作班との共著に『欲望の資本主義1~5』(東洋経済新報社)、『欲望の民主主義』(幻冬舎新書)、『マルクス・ガブリエル欲望の時代を哲学する/自由と闘争のパラドックスを越えて/危機の時代を語る/新時代に生きる「道徳哲学」』『AI以後~変貌するテクノロジーの危機と希望』(NHK出版新書)ほか。

本書の要点

  • 要点
    1
    物質的な欲望が充足した現代は、「感動できる体験」が商品となる。「かけがえのない」はずの人の感情は、ネットで拡散され交換可能な商品となる。
  • 要点
    2
    人間は体全体の感覚を使って思考するものだが、脳だけを重要視する傾向が強まっている。自分の感覚が信じられず、人は脳を模したAIに支配されていく。
  • 要点
    3
    SNSは、プライバシーを必要以上に露出させ、感情を揺さぶるメディアである。「自己発信」はいつの間にか「自己欺瞞」に変わる。
  • 要点
    4
    社会が変わっても、人の心は大きく変わらない。複雑化した現代社会を乗り越えるヒントは、歴史の中にある。

要約

【必読ポイント!】 なぜ今、「個人主義」なのか?

人々の精神を奪い合う競争となった現代ビジネス

明治の開国以降、日本には「みんな」が一緒にがんばる「集団主義」をよしとする空気が続いている。結果を急ぐがゆえの集団主義は、同調圧力となり、社会に深く浸透したままだ。「個性」の尊重が叫ばれてはいるものの、本当の意味で「多様な個」が尊重される土壌はいまだできていない。そもそもみんなが口をそろえて「多様性が大事だ!」と叫んでいる状況自体、多様性があるとは思えない。

急激な近代化によって国を繁栄させようと集団で奔走した時代から、すでに100年以上が経過した。インターネット社会はアイディアや発想の勝負だといわれ、常に変化を求められる状況になった。

グローバル化は世界の市場をつなげ、多くの国が工業化を達成した。経済競争では、サービスや情報、ブランドイメージなどの重要度が増している。こうした競争は豊かさをもたらす半面、個のあり方や心を蝕んでいる。これからのビジネスは、人々の精神を奪い合う競争とさえいわれているのである。

「心」が「消費財」になる時代へ
Giuseppe Lombardo/gettyimages

人の精神や心までが「商品」となっている現在、人の感情までもが使い捨ての「消費財」となる怖さがある。

物質的に豊かではなかった時代、人々はお金でテレビや洗濯機などのモノを買うことで満足していた。モノが満ち足りた今、人々は「心を動かされる感動体験」にお金を払うようになった。ゲームやアプリ、マンガやアニメ、キャラクターなどの「楽しい、すっきりする、感動できる」商品に多くのお金を使っている。

「心」や「感動」という商品の価値は、人の主観に大きく依存する。一時的な高揚感や熱狂が商品となってその商品価値を高めると、市場での価格が吊り上がり、価格の上昇そのものが価値を示すという現象に至る。現代のネット社会で広がる「感情」という商品は、不確かな「心」が生む「言い値」となりやすい。いつも冷静に、自分にとってのその商品の価値を見極めるのは困難だ。ここに、自分を見失いやすいという落とし穴がある。

「体験」や「共感」という商品を手にした買い手は、感情を消費するだけでなくその思いをネットで拡散させ、市場へ影響を与えていく。体験や喜びなど、人生における「かけがえのないもの」にもなり得る感情はいつの間にか市場に飲み込まれ、「交換可能」なものに置き換わり、すべて「商品」や「消費財」となる。心を商品にするこうした社会の中では、自らの価値観を持つことが重要なのだ。

「自分」を見失いがちな現代社会

「自分」を信じることが「個人主義」

「人真似」だけでは幸せになれないが、かといって「人真似」をしないことは難しい。「人真似」には、周囲の空気や流れに迎合してしまうことも含まれる。その場の空気に逆らわない人真似は、一見楽だからこそ、繰り返すうちに「自分」を失ってしまう。自分への小さなごまかしが積み重なれば、無自覚のうちに自分を信じられなくなり、自分を嫌いになってしまう。これは、もっとも恐ろしいことだ。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
読解力の強化書
読解力の強化書
佐藤優
未 読
リンク
入社1年目から差がつく 問題解決練習帳
入社1年目から差がつく 問題解決練習帳
グロービス 岡重文(執筆)
未 読
リンク
お金のむこうに人がいる
お金のむこうに人がいる
田内学
未 読
リンク
電通現役戦略プランナーのヒットをつくる「調べ方」の教科書
電通現役戦略プランナーのヒットをつくる「調べ方」の教科書
阿佐見綾香
未 読
リンク
問いかけの作法
問いかけの作法
安斎勇樹
未 読
リンク
知的文章術入門
知的文章術入門
黒木登志夫
未 読
リンク
もしあと1年で人生が終わるとしたら?
もしあと1年で人生が終わるとしたら?
小澤竹俊
未 読
リンク
認知症世界の歩き方
認知症世界の歩き方
筧裕介
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
結局、自律神経がすべて解決してくれる
結局、自律神経がすべて解決してくれる
小林弘幸
未 読
リンク
2
優れたリーダーは、なぜ「傾聴力」を磨くのか?
優れたリーダーは、なぜ「傾聴力」を磨くのか?
林健太郎
未 読
リンク
3
未来実現マーケティング
未来実現マーケティング
神田昌典
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「モチベーション本」のテッパン3冊
「モチベーション本」のテッパン3冊
2022.06.27 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年5月~6月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年5月~6月)
2022.06.26 update
リンク
出版社のイチオシ#074
出版社のイチオシ#074
2022.06.24 update
リンク
「営業本」のテッパン3冊
「営業本」のテッパン3冊
2022.06.13 update
リンク
インタビュー
「TikTok売れ」を知らない世代へ捧ぐ タイパ、短尺動画が支持されるワケ
「TikTok売れ」を知らない世代へ捧ぐ タイパ、短尺動画が支持されるワケ
2022.06.29 update
リンク
エシカル・ビジネスで未来を拓く、白木夏子氏が伝えたかったこと
エシカル・ビジネスで未来を拓く、白木夏子氏が伝えたかったこと
2022.06.07 update
リンク
半径3メートルの人に愛をケチっていないか?(健康社会学者・河合薫)
半径3メートルの人に愛をケチっていないか?(健康社会学者・河合薫)
2022.05.19 update
リンク
星野リゾート代表の本の読み方
星野リゾート代表の本の読み方
2022.04.29 update
リンク
1
結局、自律神経がすべて解決してくれる
結局、自律神経がすべて解決してくれる
小林弘幸
未 読
リンク
2
優れたリーダーは、なぜ「傾聴力」を磨くのか?
優れたリーダーは、なぜ「傾聴力」を磨くのか?
林健太郎
未 読
リンク
3
未来実現マーケティング
未来実現マーケティング
神田昌典
未 読
リンク
とれない疲れは、読書で吹き飛ばす!
とれない疲れは、読書で吹き飛ばす!
2022.06.17 update
リンク
出版社のイチオシ#067
出版社のイチオシ#067
2022.01.21 update
リンク
「現場力」の提唱者・遠藤功さんに聞く、これからのマネジメント
「現場力」の提唱者・遠藤功さんに聞く、これからのマネジメント
2022.01.27 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『14歳からの個人主義』をおすすめする
保存が完了しました
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る