ハブられても生き残るための深層心理学

未 読
ハブられても生き残るための深層心理学
ジャンル
著者
きたやまおさむ
出版社
定価
1,760円(税込)
出版日
2021年11月26日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ハブられても生き残るための深層心理学
ハブられても生き残るための深層心理学
著者
きたやまおさむ
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,760円(税込)
出版日
2021年11月26日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

「鶴の恩返し」という昔話がある。鶴が人間に姿を変え、自分を救ってくれた男のために身を犠牲にして反物を織り、恩に報いる有名な説話だ。鶴は男に「機織りの様子を決して覗かないこと」と約束させるが、男はついには覗いてしまう。鶴は自分の姿を見られたことを恥じて飛び去っていく。

ここでもし、鶴が去らない結末があったとしたら、話はどう続いていっただろうか。果たして幸せに添い遂げられただろうか――。

「ハブられる」とは、集団から排除される、仲間外れにされるという意味の言葉である。ハブられる現象は日本に限ったものではない。しかし、同質性の高い「日本人」の集団においては、自分たちと異なる「異類」を無意識に排除する集団心理が働きやすいと、本書は指摘する。

先の「鶴の恩返し」は、人間ではない=異類である鶴と人間が結ばれる「異類婚姻説話」である。この他にも異類婚姻説話は世界に多く存在するが、日本ではそのほとんどが、最後は異類が排除される(去っていく)結末を迎えるそうだ。この悲劇のパターンは日本人の「心の台本」として刷り込まれ、無意識的に踏襲されていると著者は指摘する。

集団からのいじめや無視をきっかけに、学校や会社に行けなくなる人は多い。最悪の場合、自ら命を絶ってしまう事態も起こり得る。悲劇的な結末を回避するためには、無意識のメカニズムを理解して、「排除された者は去るべき」という心の台本を書き換えることが大切だ。

ハブられる可能性は誰もが持っている。たとえハブられたとしても、生き残るための術を本書から学び取ってほしい。

ライター画像
矢羽野晶子

著者

きたやま おさむ
1946年淡路島生まれ。精神科医、臨床心理士、作詞家。九州大学大学院教授、白鷗大学副学長などを経て、九州大学名誉教授。2019年より日本精神分析協会精神分析的精神療法家センター長、2021年より白鷗大学学長。1965年、京都府立医科大学在学中にフォーク・クルセダーズ結成に参加し、67年「帰って来たヨッパライ」でデビュー。68年解散後は作詞家として活動。71年「戦争を知らない子供たち」で日本レコード大賞作詞賞を受賞。その後、精神科医となり、現在も精神分析的臨床活動を主な仕事とする。
著書に『コブのない駱駝』(岩波現代文庫)、『最後の授業』(みすず書房)、『帰れないヨッパライたちへ』(NHK出版新書)、『ビートルズを知らない子どもたちへ』(アルテスパブリッシング)、『良い加減に生きる』(前田重治氏との共著、講談社現代新書)、『「こころの旅」を歌いながら』(富澤一誠氏との共著、言視舎)など。

本書の要点

  • 要点
    1
    集団から排除される「ハブられる」という現象は、自分の知らないうち、裏で隠れて進行することが多い。
  • 要点
    2
    集団は自分たちと似た者を取り入れ、異なる者を吐き出すという基本傾向を持つ。これは無自覚に繰り返されやすい。
  • 要点
    3
    人生は劇に似ている。劇場には舞台のほか、役を降りてほっと一息つける「楽屋」もある。「人生の台本」の存在を知り、よりよいものに紡ぎ直していくことが大切だ。

要約

「ハブられる」という現象

同類幻想が生み出す「悲劇」
spfoto/gettyimages

「ハブられる」という現象は日本特有のものではない。しかし、国際的に見て、等質性の高い「日本人」という集団では、「私たちはみんな同類である」という幻想を抱く人は少なくない。

この「同類幻想」は、ときに悲劇的な展開を生み出す。同類幻想のせいで、異質な少数がのけ者にされたり、同調できないと変わり者扱いされたりすることがあるからだ。

「ハブられる」は、知らぬ間に裏で進行していることが多い。表面上は穏やかな人間関係に見えていたが、気がついたら自分だけ排除されていたという具合だ。ハブられている本人が気づかない場合もある。「根回し」という言葉があるように、裏で起きているコミュニケーションを知らないと、いつの間にかハブられているということも起きかねない。

ハブられると、悲劇の主人公を演じさせられることもある。集団から排除されてしまった自分、こんな自分はいなくなればいい――。このような思考に陥ると、自分だけが潔く去ることになってしまう。

実は、日本人の文化の中には、こうした悲劇の主人公を演じさせるような「台本」がすでにある。潔く去っていくという結末が「みんなの物語」として用意されているのだ。そのため知らず知らずのうちに、多くの人が悲劇の主人公のパターンを踏襲してしまっている。

この物語を書き換えるには、見えにくい現象を可視化しなければならない。そして、自分が排除の対象になってしまったら、その物語の舞台から降りることが大切だ。

人生を劇としてとらえる

ハブられている人たちは、突然迷子になってしまったような心境に陥る。今まで仲間だと思っていた人たちが、自分をのけ者にして裏でつながっていた。もう誰を信用していいかわからない……。一人で悩んで考え込む、「一人芝居」を舞台上でくり広げているような状態である。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
修身教授録
修身教授録
森信三
未 読
リンク
はじめての言語ゲーム
はじめての言語ゲーム
橋爪大三郎
未 読
リンク
競争しない競争戦略 改訂版
競争しない競争戦略 改訂版
山田英夫
未 読
リンク
幸せのメカニズム
幸せのメカニズム
前野隆司
未 読
リンク
地中海世界
地中海世界
弓削達
未 読
リンク
挑戦
挑戦
山中伸弥 藤井聡太
未 読
リンク
人の顔した組織
人の顔した組織
福澤英弘
未 読
リンク
悩まない生き方
悩まない生き方
矢作直樹
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
頭の“よはく”のつくり方
頭の“よはく”のつくり方
鈴木進介
未 読
リンク
2
心配事の9割は起こらない
心配事の9割は起こらない
枡野俊明
未 読
リンク
3
なぜか好かれる人の「言葉」と「表現」の選び方
なぜか好かれる人の「言葉」と「表現」の選び方
牛窪万里子
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
【五月病予防】ちょっと心が軽くなる本6冊
【五月病予防】ちょっと心が軽くなる本6冊
2022.05.10 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年3月~4月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年3月~4月)
2022.04.26 update
リンク
出版社のイチオシ#072
出版社のイチオシ#072
2022.04.22 update
リンク
ビジネスでも日常生活でも使える『サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学』
ビジネスでも日常生活でも使える『サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学』
2022.04.14 update
リンク
インタビュー
半径3メートルの人に愛をケチっていないか?(健康社会学者・河合薫)
半径3メートルの人に愛をケチっていないか?(健康社会学者・河合薫)
2022.05.19 update
リンク
星野リゾート代表の本の読み方
星野リゾート代表の本の読み方
2022.04.29 update
リンク
オンライン商談を成功させるためにおさえておきたい3つのポイント
オンライン商談を成功させるためにおさえておきたい3つのポイント
2022.04.18 update
リンク
サヘル・ローズさんを自殺から救った言葉とは?
【インタビュー】 サヘル・ローズさんを自殺から救った言葉とは?
2022.04.07 update
リンク
1
頭の“よはく”のつくり方
頭の“よはく”のつくり方
鈴木進介
未 読
リンク
2
心配事の9割は起こらない
心配事の9割は起こらない
枡野俊明
未 読
リンク
3
なぜか好かれる人の「言葉」と「表現」の選び方
なぜか好かれる人の「言葉」と「表現」の選び方
牛窪万里子
未 読
リンク
2021年にflierでもっとも読まれた7冊は?
2021年にflierでもっとも読まれた7冊は?
2022.02.05 update
リンク
1000万部超の大ヒットは偶然の産物?
1000万部超の大ヒットは偶然の産物?
2022.02.16 update
リンク
ファシリテーションはポジティブに聴く力
ファシリテーションはポジティブに聴く力
2022.02.25 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『ハブられても生き残るための深層心理学』をおすすめする
保存が完了しました
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る