スティーブ・ジョブズの王国
アップルはいかにして世界を変えたか?

未 読
スティーブ・ジョブズの王国
ジャンル
著者
マイケル・モーリッツ 林信行(監修) 青木榮一(訳)
出版社
プレジデント社
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2010年11月12日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
スティーブ・ジョブズの王国
スティーブ・ジョブズの王国
アップルはいかにして世界を変えたか?
著者
マイケル・モーリッツ 林信行(監修) 青木榮一(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
プレジデント社
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2010年11月12日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

世界的な影響力を持つアップルという王国も、初めは家のガレージに作った小さな会社から始まった。創業者であるスティーブ・ジョブズについてはウォルター・アイザックソンによる伝記やそれを元にした映画も存在することから、今さらこのエピソードを紹介するまでもないだろう。

アップルに関する書籍は枚挙に暇がないが、当社が真にベンチャーマインドを持って新たな世界を切り拓こうとしている様子を描いた本書こそ、多くの人に読まれるべき一冊と言える。実現困難と思われることでも「やれば出来るかもしれない」と思わせる「現実歪曲空間」という能力を持っていたと言われるジョブズ。本書を読めば、その能力がアップル初期の頃にいかに発揮されたかが分かる。

本書はアップルの社内を無制限で取材することが許された唯一のジャーナリストであり、世界屈指のベンチャー・キャピタリストでもあるマイケル・モーリッツによって書かれた書籍だ。1984年に書かれた初版本の復刻版として、ジョブズの追放、復活から現在までの軌跡を増補している。

今のアップルしか知らない人にとって、スティーブ・ジョブズと彼が率いた会社の主要製品はiPhone、iPad、Macbookになるのだろう。その王国の基礎を築くにあたって大いに貢献した製品、アップルⅠ・Ⅱと呼ばれる当時最先端のパーソナル・コンピュータは既にレガシーとなっているのかもしれないが、本書で描かれるジョブズたちの奮闘記は今も全く色あせていない。

苅田 明史

著者

マイケル・モーリッツ
オックスフォード大学卒業。ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBA取得。
タイム誌の記者として活躍し、サンフランシスコ支局長を務め、数々のテクノロジー企業を取材する。その後、ベンチャー投資家に転身。
シリコンバレー屈指のベンチャーキャピタル、セコイア・キャピタルで、ヤフー、グーグル、シスコシステムズ、オラクル、エレクトロニック・アーツ、ユーチューブなどのテクノロジーベンチャーの創業および経営にたずさわる。
フォーブス誌のベンチャーキャピタリストランキング「ミダスリスト」で2006年、2007年とつづけて1位にランクイン、2008年、2009年は2位にランクインした。
イギリス、ウェールズ出身。サンフランシスコ在住。

本書の要点

  • 要点
    1
    アップルを創業したスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック。エレクトロニクスに熱中していた2人は、副業をするような気軽な気持ちでアップルを創業した。
  • 要点
    2
    アップルは最初から順調だったわけではない。理解あるコンピュー...
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
スティーブ・ジョブズの王国
スティーブ・ジョブズの王国
アップルはいかにして世界を変えたか?
著者
マイケル・モーリッツ 林信行(監修) 青木榮一(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
プレジデント社
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2010年11月12日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
スティーブ・ジョブズの王国
未 読
スティーブ・ジョブズの王国
ジャンル
起業・イノベーション
著者
マイケル・モーリッツ 林信行(監修) 青木榮一(訳)
出版社
プレジデント社
定価
2,000円 (税抜)
出版日
2010年11月12日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

スティーブ・ジョブズがデザインしていた未来
スティーブ・ジョブズがデザインしていた未来
川北蒼
未 読
リンク
中村修二劇場
中村修二劇場
日経BP社特別編集班
未 読
リンク
ストラテジック・イノベーション
ストラテジック・イノベーション
ビジャイ・ゴビンダラジャン クリス・トリンブル 酒井泰介(訳)
未 読
リンク
地球外生命 9の論点
地球外生命 9の論点
立花隆 佐藤勝彦ほか 自然科学研究機構(編)
未 読
リンク
ワイドレンズ
ワイドレンズ
ロン・アドナー 清水勝彦(監訳)
未 読
リンク
低温「ふしぎ現象」小事典
低温「ふしぎ現象」小事典
低温工学・超電導学会
未 読
リンク
大いなる探求
大いなる探求
シルヴィア・ナサー 徳川家広(訳)
未 読
リンク
サイゼリヤ革命
サイゼリヤ革命
山口芳生
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
ヤバい集中力
ヤバい集中力
鈴木祐
未 読
リンク
2
夫のトリセツ
夫のトリセツ
黒川伊保子
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
2020.01.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年1月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年1月号)
2020.01.06 update
リンク
出版社のイチオシ#025
出版社のイチオシ#025
2019.12.27 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
ヤバい集中力
ヤバい集中力
鈴木祐
未 読
リンク
2
夫のトリセツ
夫のトリセツ
黒川伊保子
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
結局、話し上手ほど得をする 「伝える」技能を磨く5冊
結局、話し上手ほど得をする 「伝える」技能を磨く5冊
2017.12.13 update
リンク
知の伝道師の「本との向き合い方」に迫る
知の伝道師の「本との向き合い方」に迫る
2015.04.17 update
リンク