無印良品のデザイン

未 読
無印良品のデザイン
ジャンル
著者
日経デザイン編集
出版社
日経BP社
定価
2,376円
出版日
2015年05月25日
評点(5点満点)
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

無印良品とデザインの関係性が全ページフルカラーで掲載されており、無印良品ファンには垂涎の一冊だろう。本書は4章に分かれており、「プロダクトデザイン」「コミュニケーションデザイン」「店舗デザイン」「新たなる挑戦」に分類されている。連続性のある読み物というよりも、各テーマに関連するインタビューやコラム、広告や店舗紹介などがマッピングされている印象が強い。「デザインから見る無印良品百科事典」として興味のあるところから読んでもよさそうだ。

無印良品に関わるアドバイザリーボードの面々や良品計画代表取締役会長・金井氏のインタビューが掲載されており、それぞれ無印良品とデザインについて各自の立場から語っているので、読み比べる面白さがある。読み応えがあるのは無印良品の商品開発プロセスや新店舗展開の紹介だろうか。商品開発の社内工程や取り組みについて詳しく図式で説明されており、店舗紹介に至っては商業デザインのカタログのようだ。

また、本書自体は良品計画という企業とアドバイザリーボードを担うクリエイターの間に「無印良品」という共通の思想を持ちえた奇跡が軸ではなかろうか。読み進めていくうちにどのインタビューやコラム、社員のコメントからも無印良品への愛を感じられる。無印良品の持つコンセプトに共感し、同じ方向を目指せるからこそ生まれた一種のケミストリーの世界が表現されている。本書に「感化力」という言葉が出てくるが、無印良品が世界で愛される理由は商品に込められた背景や哲学、思いもあるに違いない。

本書の要点

  • 要点
    1
    本書は、無印良品の成功の秘密を「プロダクトデザイン」「コミュニケーションデザイン」「店舗デザイン」という3つの視点から考察しており、無印良品の「思想」とデザインの関係性がわかりやすく示されている。
  • 要点
    2
    無印良品独自の「アドバイザリーボード」という仕組みが、経営とデザインをバランス良く融合させて無印良品独自の価値や美意識を形成してきたことが繰り返し説かれる。
  • 要点
    3
    フルカラーで無印良品の商品や店舗、これまでの広告等が随所に盛り込まれているため、過去からの変遷がより理解しやすくまとめられている。

要約

無印良品のデザインのヒミツ

アドバイザリーボードが支える無印良品
(C)iStock/Rawpixel

流行に左右されず、シンプルで機能的な「MUJIデザイン」を貫く商品群が生み出される背景には、聞きなれない「アドバイザリーボード」という仕組みがあった。アドバイザリーボードとは、「ブランドコンセプトを維持するために外部のデザイナーで構成された組織」だという。現在はグラフィックデザイナーの原研哉氏、クリエイティブディレクターの小池一子氏、プロダクトデザイナーの深澤直人氏、インテリアデザイナーの杉本貴志氏の4人で構成されている。

無印良品を展開する良品計画では、代表取締役会長・金井政明氏を筆頭に幹部社員と先の4人が月一回「アドバイザリーミーティング」を開催し、忌憚ない意見をフランクに話し合うという。意思決定を行う場ではなく、これから無印良品が目指すべき未来の空気感をゆるく共有することが目的であり、この「空気」が企業経営の3カ年商品計画や年度計画等に反映されるというのだから面白い。

そして、無印良品の商品開発プロセスは特徴的で3回の「サンプル検討会」が開催されている。1回目は品ぞろえや商品構成、考え方の確認で絵コンテや説明のみの場合も。2回目は発泡スチロール模型等で具体的なデザインに着手し、3回目で量産に向けて図面に落とし込む段階へ進むのだ。

他にも本格的に取り組みが開始された「オブザベーション」では、開発スタッフが実際の生活の場を訪問してモノの使用方法を観察するという。加えて、店舗からは「顧客視点シート」、WEBを通して意見や要望を集める「くらしの良品研究所」、問い合わせ窓口の「お客様室」、各種リサーチにモニター調査など、あらゆる手を尽くして顧客のニーズを吸い上げる工夫を凝らしている。そのようにしてでき上がった商品は、MDS(マーチャンダイジング・ストラテジー)という会長と幹部、部課長の集まる社内会合で初披露され、最終的なゴーサインが下されるのだ。

プロダクトデザインから見る無印良品

家電の「あるべき姿」を具現化
©iStock/jodiejohnson

各専門分野を持つ4人の中で、家電や生活雑貨と主とするプロダクトデザインには深澤直人氏が関わっている。彼は1996年にIDEO東京支社長を務め、2003年にNAOTO FUKASAWA DESIGNを設立。グッドデザイン賞審査委員長や日本民藝館5代目館長の経歴も持つ。そんな彼は良品計画で3つの役割を担っている。1つ目がアドバイザリーボードのメンバーであること、2つ目がプロダクト全体のデザインディレクション、3つ目は商品自体の具体的なデザインの提案である。

無印良品は2014年3月から新しいラインナップのキッチン家電を次々発売している。開発のスタートは2012年の冬で、冷蔵庫再販売の強い要望がきっかけだったという。深澤氏は「家電の高機能化はメーカーもユーザーも幸せにしない」、「価格競争に陥るなら、無印良品が家電を手掛ける意味はない」と言い切る。

要約全文を読むには会員登録が必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
無印良品のデザイン
未 読
無印良品のデザイン
ジャンル
経営戦略 マーケティング 産業・業界
著者
日経デザイン編集
出版社
日経BP社
定価
2,376円
出版日
2015年05月25日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

料理ができる男は無敵である
料理ができる男は無敵である
福本陽子
未 読
リンク
「いき」の構造
「いき」の構造
九鬼周造
未 読
リンク
子どもが「読書」に夢中になる魔法の授業
子どもが「読書」に夢中になる魔法の授業
高橋璃子(訳) ドナリン・ミラー 高濱正伸(解説)
未 読
リンク
人口蒸発「5000万人国家」日本の衝撃
人口蒸発「5000万人国家」日本の衝撃
一般財団法人日本再建イニシアティブ
未 読
リンク
世界が一瞬で変わる 潜在意識の使い方
世界が一瞬で変わる 潜在意識の使い方
石山喜章
未 読
リンク
幼児教育の経済学
幼児教育の経済学
ジェームズ・J・ヘックマン 古草秀子(訳)
未 読
リンク
ポジティブの教科書
ポジティブの教科書
武田双雲
未 読
リンク
伝わるWebライティング 
伝わるWebライティング 
ニコル・フェントン ケイト・キーファー・リー 遠藤康子(訳)
未 読
リンク
1
シュガーマンのマーケティング30の法則
シュガーマンのマーケティング30の法則
ジョセフ・シュガーマン 佐藤昌弘(監修) 石原薫(訳)
未 読
リンク
2
ヨーロッパ炎上 新・100年予測
ヨーロッパ炎上 新・100年予測
夏目大(訳) ジョージ フリードマン
未 読
リンク
3
イノベーターたちの日本史
イノベーターたちの日本史
米倉誠一郎
未 読
リンク
読者が「面白い」と感じるコンテンツのカギとは
読者が「面白い」と感じるコンテンツのカギとは
2016.02.10 update
リンク
古典の力を血肉に!
古典の力を血肉に!
2016.02.18 update
リンク