英国超一級リーダーシップの教科書

未読
日本語
英国超一級リーダーシップの教科書
英国超一級リーダーシップの教科書
未読
日本語
英国超一級リーダーシップの教科書
出版社
こう書房
定価
1,540円(税込)
出版日
2015年03月20日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

優れたリーダーとはどんな人なのか? 時代とともに、求められるリーダー像は変化しているが、リーダーシップを持つ人材の育成が重要視されていることに変わりはない。リーダーやリーダー候補は具体的にどんな行動をとれば、リーダーシップを発揮できるのだろうか? その問いに答えたのが本書である。

著者は、リーダーシップの能力開発における世界的な第一人者であり、彼が開発した「行動を基軸とするリーダーシップ(Action Centred Leadership=ACL)」プログラムは、世界中の100万人を超えるマネージャーや管理者に受講され、支持され続けている。アデアは、「行動を起こす」こと、つまり「ファンクション」に重きを置き、リーダーが具体的にどのような行動をとるべきなのかを明確にした。彼のプログラムを導入したことで、負債まみれの大会社が業界のトップカンパニーへと飛躍的転身を遂げた事例もあり、プログラムの効果がうかがい知れる。

アデアは「リーダーシップスキルは後天的に身につけることができる」という考えを世に知らしめた人物でもある。経営学やマネージメントの世界で、「アメリカのドラッカー、イギリスのジョン・アデア」と並び称される所以だ。

本書を読めば、リーダーに不可欠な資質・特性、組織やチームからの要請に応えるための役割の把握、スキルの高め方を、事例を交えながら学ぶことができる。リーダーシップを身につけ、組織やチームの成長を加速させたいと考える人にとって、信頼の置ける指南書となってくれるだろう。

ライター画像
松尾美里

著者

ジョン アデア
1934年生まれ。リーダーシップとリーダーシップ能力開発における世界的な第一人者。これまでに世界中の100万人を超えるマネージャーや管理者などが、ジョン・アデアの開発した「行動を基軸とするリーダーシップ(Action Centred Leadership=ACL)プログラムを受講している。職業軍人を経て、サンドハースト英国王立陸軍士官学校にて軍事史の主任教官およびリーダーシップ訓練アドバイザー、英国産業協会副理事長を歴任、サリー大学にて世界初のリーダーシップ学教授に就任。その後は、ICI(帝国化学会社)で自身が開発したリーダーシッププログラムを導入させ、赤字に苦しむ官僚的な大会社を年間100万ポンドの利益を生み出すトップカンパニーへと変身させる原動力になった。
40冊以上の著書があり、多くの言語に訳されている。近著に『How to Grow Leaders リーダーをどのように育てるか』や『Effective Leadership Development 効果的なリーダーシップ開発』などがある。オックスフォード大学から文学修士学位、キングズ・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)から哲学博士号を授与されている。英国王立歴史協会の名誉会員でもある。

本書の要点

  • 要点
    1
    リーダーシップ開発には、「普遍的なリーダーシップの資質が存在する」「リーダーシップは状況に左右される」「グループの欲求・ニーズに応えるファンクションを使うことで、リーダーシップを発揮できる」という3つのアプローチが存在する。
  • 要点
    2
    リーダーシップ・ファンクションは、タスクを明確にする/計画する/要約する/統制する/評価する/動機づけする/組織化する/模範となるという8つの行動である。
  • 要点
    3
    リーダーシップの旅は、「進んでリーダーとしての責任を引き受ける」という覚悟を持つことから始まる。

要約

リーダーシップの3つのアプローチ

資質からのアプローチ

リーダーシップ開発には3つのアプローチがある。1つ目のアプローチは、普遍的なリーダーシップの資質が存在するという考え方がもとになっている。その資質は次の7種類である。やるべきことに立ち向かう「熱意」/人々の信頼をつくり出す「誠実さ」/立ち直りが早く、粘り強くもある「タフネス」/メンバーの成果に対して公平に処遇を与える「公明正大」/人への気配りや思いやりを包含した「温かさ」/うぬぼれを排除して、他者の意見に耳を傾ける「謙虚」/自信過剰にならない程度に自信を持つ「信頼」である。

こうした資質はすべて後天的に開発することが可能だ。まずは、自分自身で各資質について、成長の進捗度合いを測ってみることを、著者はおすすめしている。

状況対応型アプローチ

2つ目のアプローチは、リーダーシップは状況に左右されるという考え方がもとになっている。この考え方は、仕事上での知識を重視している。技術的・専門的知識は権威へと結びつき、他者の信頼を生み出すと考えているのだ。絶えず状況変化が起きている自分の仕事の領域において、柔軟性を保ち続けることが大切だと、著者は考えている。

ファンクションからのアプローチ
©iStock.com/claudiobaba

3つ目のアプローチは、グループの欲求・ニーズに応えるファンクションを使うことで、リーダーシップを発揮できるというものだ。仕事のためにつくられた集団には、確実に共通した3つの欲求が存在する。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
リーダーシップの哲学
リーダーシップの哲学
一條和生
未読
人生の授業
人生の授業
木村達哉
未読
ドラマ思考のススメ
ドラマ思考のススメ
平野秀典
未読
お客様の“気持ち"を読みとく仕事コンシェルジュ
お客様の“気持ち"を読みとく仕事コンシェルジュ
阿部佳
未読
クリエイティブコンサルタントの思考の技術
クリエイティブコンサルタントの思考の技術
花塚恵(訳)ケヴィンダンカン
未読
ポジティブの教科書
ポジティブの教科書
武田双雲
未読
本の「使い方」
本の「使い方」
出口治明
未読
研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」
研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」
原佳弘
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様