人生の授業

未 読
人生の授業
ジャンル
著者
木村達哉
出版社
定価
1,404円
出版日
2015年06月28日
評点(5点満点)
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

「キムタツ」こと木村達哉氏は、例年、東京大学に多数の合格者を輩出している兵庫県の灘中学校・高等学校の英語教師である。授業の質の向上を目的とする教師のサークル「チームキムタツ」を立ち上げ、全国各地で勉強会を開き、数多くの英語学習に関する書籍を著している。ブログは1日に1万人以上が訪れることがあるほど人気があるという。

教育界で目覚ましい活躍を見せる木村氏であるが、実は度重なる失敗や挫折を経験しており、不運に見舞われたこともあった。木村氏が今まで歩んできた道のりを振り返りながら、その経験を自分自身でどのように受けとめ、その先につなげて前進してきたかが、この本には書かれている。

本書に一貫しているのは、どんなつらい出来事であっても、「あのときの経験がなければ、今の自分はない」というスタンスで過去を見つめている姿勢である。どんな人であれ、生きていく上ですべてがうまくいくことはないだろう。ただ、失敗や挫折をしたときに、それをどう受けとめるかで、その後の人生が変わるのだ。例えば、受験の失敗や、父親の負債を背負って財産をなくしたことでさえも、現在の自分という人間をつくりあげたものであると木村氏は肯定している。本書を読めば、どんな困難でも、心の持ちようでプラスに変えていくことができるのだと、強く励まされることだろう。

著者

木村 達哉
灘中学校・高等学校 英語科教諭。
1964年奈良県生まれ。関西学院大学文学部英文学科卒業。奈良県の私立高校教諭を経て、98年より灘高英語科教諭に。教壇に立つかたわら、『キムタツ式 英語長文速読特訓ゼミ』シリーズ(旺文社)をはじめとした参考書や英単語帳などを多数執筆。また、英語学習法に関する講演、セミナーを全国各地の中学、高校で行っている。最近では、福島県や沖縄県の子どもたちへの英語指導を積極的に展開中。
著書に『大学合格 キムタツ相談所』(旺文社)、『夢をかなえる英単語 ユメタン』(アルク)、『キムタツ式 灘校生が実践しているTOEIC900点を当たり前のように取るためのパワフルメソッド』(角川書店)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    運を強くする秘訣は、「切り替えを早くする」「運の強い人をマネる」ことである。夢を実現するためには、それを具体的な計画に落とし込み、失敗を恐れずにtry doing「~やってみる(実際に行動する)」の姿勢を持つことが大切だ。
  • 要点
    2
    学びは、社会に笑顔と幸せをもたらすことにもつながる。「形あるものは壊れるが、学んだものは壊れない。だから今こそ学ぶのだ」というメッセージを、大人は子どもたちに伝え続けなければならない。
  • 要点
    3
    失敗しても、前進するチャンスだと考え、悔しさを糧に挑戦を続けることが大切だ。

要約

往時渺茫(おうじびょうぼう):過ぎ去った昔は夢のように

母が僕にくれた武器

著者は奈良の田舎で育ち、小学校ではほとんど勉強らしい勉強をしなかった。将来は学校の先生か作家になりたいと考え、高校は大阪の私立校へ進学した。平均80点の英語のテストで60点をとっても著者の母親はこう言ったという。「お前、すごいな。アメリカ人ちゃうか?」英語がよくできることを母親に褒められ続けたことで、著者は「自分の武器は英語」だと考え、英語の先生になるという夢を実現することができた。

親にとって、子どもの長所をひたすら褒めて伸ばすことはとても大切だ。

小4で悟った人生の真理

小学4年生のあるとき、友達の「死んだらどうなるんやろな」という言葉をきっかけに、著者は「死んだら無になる」ということに気付き、大きな衝撃を受けた。その後、交通事故で九死に一生を得たのを境に、「今までの消極的な自分のままでは損だ」と考えたという。

死を意識したことで、おとなしくて女の子に泣かされるような存在から、級長に立候補するなど、何事にも積極的な自分に変わっていった。

ネガティブな批判をはね返すヒント

著者が本を出版し、ブログを書いていると、好意的なコメントがほとんどであったが、批判的なコメントが寄せられることもあった。

要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
人生の授業
未 読
人生の授業
ジャンル
自己啓発・マインド
著者
木村達哉
出版社
あさ出版 出版社ページへ
定価
1,404円
出版日
2015年06月28日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

ポジティブの教科書
ポジティブの教科書
武田双雲
未 読
リンク
リーダーシップの哲学
リーダーシップの哲学
一條和生
未 読
リンク
ドラマ思考のススメ
ドラマ思考のススメ
平野秀典
未 読
リンク
英国超一級リーダーシップの教科書
英国超一級リーダーシップの教科書
ジョン・アデア 酒井正剛(監修) 高橋朗(訳)
未 読
リンク
研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」
研修・セミナー講師が企業・研修会社から「選ばれる力」
原佳弘
未 読
リンク
お客様の“気持ち"を読みとく仕事コンシェルジュ
お客様の“気持ち"を読みとく仕事コンシェルジュ
阿部佳
未 読
リンク
クリエイティブコンサルタントの思考の技術
クリエイティブコンサルタントの思考の技術
ケヴィンダンカン 花塚恵(訳)
未 読
リンク
minimalism
minimalism
ジョシュア・フィールズ・ミルバーン ライアン・ニコデマス 吉田俊太郎(訳)
未 読
リンク
1
なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?
なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?
井上裕之
未 読
リンク
2
ライフハック大全
ライフハック大全
堀正岳
未 読
リンク
3
金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる
金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる
ロバート・キヨサキ トム・ホイールライト 岩下慶一(訳)
未 読
リンク
読者が「面白い」と感じるコンテンツのカギとは
読者が「面白い」と感じるコンテンツのカギとは
2016.02.10 update
リンク
身近なことを科学する本5選
身近なことを科学する本5選
2016.11.04 update
リンク