イーロン・マスク 未来を創る男

未 読
イーロン・マスク 未来を創る男
ジャンル
著者
アシュリー・バンス 斎藤栄一郎(訳)
出版社
定価
1,836円
出版日
2015年09月15日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
イーロン・マスク 未来を創る男
イーロン・マスク 未来を創る男
著者
アシュリー・バンス 斎藤栄一郎(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,836円
出版日
2015年09月15日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

現在、全世界から最も注目を浴びている経営者は、イーロン・マスクだと言っても過言ではない。凄まじい頭脳と溢れ出る情熱、使命感を持って、ロケットや電気自動車のイノベーションを実現してきた男、イーロン・マスク公認の伝記が登場した。マスクはどんな半生を駆け抜けてきたのだろうか? 

本書では、いじめにあっていた少年時代、祖国、南アフリカからの逃避、駆け出しの経営者時代、ペイパル創業を経てスペースX、テスラモーターズ、ソーラーシティといった企業を軌道に乗せるまでのマスクの悪戦苦闘ぶりが、鮮やかに描き出されている。

「人類の火星移住を実現させる」という壮大な夢に向かって、次々と前代未聞の目標を打ち立て、果敢に挑んでいく姿は圧巻である。例えばマスクは、1基の打ち上げに240億円もかかるロケットを宇宙に飛ばそうとする。粘り強い取り組みの結果、直近の目標である国際宇宙ステーションへの物資補給に成功した。もう一つの挑戦は、電気自動車「ロードスター」の開発である。一時は経営破綻寸前と言われたが、何とか息を吹き返し、快進撃を見せている。マスクは、幾多の失敗にも屈せず、「大風呂敷を広げているだけ」という周囲の非難をものともしない。

読みごたえのある一冊であるが、マスクの人生を深く掘り下げ、その舞台裏を明るみに出す著者の魔術にかかったかのように、本書の世界観に引き込まれ、あっという間に本書を読み終えてしまうだろう。テクノロジーの限界に立ち向かう稀代の経営者の軌跡をぜひ堪能してほしい。

松尾 美里

著者

アシュリー・バンス
テクノロジー分野の第一線で活躍するライター。『ニューヨーク・タイムズ』紙で、シリコンバレーやテクノロジーに関する取材を数年にわたって手がけたのち、週刊ビジネス誌『ブルームバーグ・ビジネスウィーク』に活動の場を移し、サイバースパイ活動からDNAシークエンシング(塩基配列決定)、宇宙探査に至るまで、科学技術に関する幅広い分野で特集記事を担当している。

本書の要点

  • 要点
    1
    イーロン・マスクは「火星に人類を送り込み、人類を救う」というミッションを掲げ、スペースX、テスラモーターズ、ソーラーシティを軌道に乗せて、新たな挑戦を続けている。
  • 要点
    2
    スペースXは、3度の打ち上げ失敗に屈せず、人工衛星や国際宇宙ステーションへの補給物資を安定して宇宙に運べるようになるまで成長を遂げた。
  • 要点
    3
    テスラモーターズは、100%電気燃料の自動車を開発し、先進性や効率性を追求した「モデルS」によって、自動車業界に激震を与えた。

要約

イーロン・マスクの世界観

救世主か大ぼら吹きか

シリコンバレーのハリウッド化が進んでいるという。斬新なアイデアを実現させてきたIT業界は、いつしか消費者を楽しませ、単純なアプリや広告を垂れ流す方向に変わってしまった。そんな中、シリコンバレー本来の精神を受け継ぎ、巨大マシンの改良に注力し、真のブレイクスルーを目指す男がいる。イーロン・マスクである。

大学卒業後に初めて起業したZip2で大金を手にしたマスクは、ほぼ全額をX.com(後のペイパル)につぎこみ、イーベイの買収によって巨額の富を手にした。マスクはこれをスペースX、テスラモーターズ、太陽光発電のソーラーシティの事業に投じるという一か八かの賭けに出た。

マスクが掲げるのは「火星に人類を送り込み、人類を救う」というミッションだ。型破りなアイデアから製品をつくり出す発明家であり、カリスマ経営者であり、実業家でもあるマスク。彼には、社会的への使命感に満ちた確たる世界観があるのだ。

成功への第一歩を踏み出す

南アフリカで過ごした少年時代と、シリコンバレーへの憧れ
©iStock.com/zimmytws

マスクは1971年、南アフリカの首都プレトリアに生まれた。彼は子どもの頃からSF的な世界への憧れを持ち、10歳からコンピュータに没頭して、12歳ですでにビデオゲームを開発していた。とにかく好奇心旺盛で、1日10時間も本にかじりつくくらいの読書好きな子どもだった。爆弾やロケットをつくろうとしたこともあれば、弟のキンバルとともにプレトリアとヨハネスブルグを往復する、危険と隣り合わせの旅に出るなど、冒険好きな一面もあった。ところがマスクは、中学でも高校でもクラスでは浮いた存在で、深刻ないじめにより何度か転校を経験していたという。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
イーロン・マスク 未来を創る男
イーロン・マスク 未来を創る男
著者
アシュリー・バンス 斎藤栄一郎(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,836円
出版日
2015年09月15日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
イーロン・マスク 未来を創る男
未 読
イーロン・マスク 未来を創る男
ジャンル
起業・イノベーション 産業・業界 グローバル テクノロジー・IT トレンド
著者
アシュリー・バンス 斎藤栄一郎(訳)
出版社
定価
1,836円
出版日
2015年09月15日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

ワーク・ルールズ!
ワーク・ルールズ!
ラズロ・ボック 鬼澤忍(訳) 矢羽野薫(訳)
未 読
リンク
「めんどくさい」がなくなる本
「めんどくさい」がなくなる本
鶴田豊和
未 読
リンク
マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか
マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか
大嶋祥誉
未 読
リンク
クリエイティブコンサルタントの思考の技術
クリエイティブコンサルタントの思考の技術
ケヴィンダンカン 花塚恵(訳)
未 読
リンク
大人になってからの勉強法
大人になってからの勉強法
若杉髙昭
未 読
リンク
「即判断」する人は、なぜ成功するのか?
「即判断」する人は、なぜ成功するのか?
小関尚紀
未 読
リンク
世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方
世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方
荻野淳也 木蔵シャフェ君子 吉田典生
未 読
リンク
How to Kill a Unicorn
How to Kill a Unicorn
MarkPayne
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

出版社のイチオシ#017
出版社のイチオシ#017
2019.07.19 update
リンク
『余命3年 社長の夢』
【書店員のイチオシ】 『余命3年 社長の夢』
2019.07.18 update
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
2019.07.16 update
リンク
親が子どもに贈りたい本5冊
親が子どもに贈りたい本5冊
2019.07.15 update
リンク

Interview
インタビュー

映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
【インタビュー】 映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
2019.06.21 update
リンク
令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
【インタビュー】 令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
2019.06.13 update
リンク
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク
ファンを大切にするのがマーケティングの原点『ファンベース』
ファンを大切にするのがマーケティングの原点『ファンベース』
2018.06.29 update
リンク
本好きにはたまらない「東京国際ブックフェア」とは?
本好きにはたまらない「東京国際ブックフェア」とは?
2016.09.14 update
リンク