ボールド 突き抜ける力
超ド級の成長と富を手に入れ、世界を変える方法

未 読
ボールド 突き抜ける力
ジャンル
著者
ピーター・H・ディアマンディス スティーブン・コトラー 土方奈美(訳)
出版社
定価
2,160円
出版日
2015年10月21日
評点(5点満点)
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

情報と意志さえあれば、誰しもが重大な課題に取り組むための技術、知識、資本を手に入れられる時代に私たちは生きている――本書の著者であり、15を超える宇宙・ハイテク関連の会社を創立した起業家であるピーター・H・ディアマンディスはそう断言する。

著者によれば、現代のテクノロジーはエクスポネンシャル(指数関数的)な成長曲線を描いており、これからさらに飛躍的な発展を遂げるという。その勢いについていくことのできない伝統的な企業は衰退し、テクノロジーの爆発的な成長にうまく対応できる人々のみが生き残ることができるというわけだ。

こう書くと、壮大すぎてあまり実感が湧かないかもしれない。しかし、大きな変化の流れはすでに目の前に現れはじめている。3Dプリンターが実用化するとは、ほんの十数年前の人々は考えもしなかっただろうが、今では多くの車に3Dプリンターでつくられたパーツが用いられている。これまでの産業のあり方をガラリと変えてしまうだけの力を持ったテクノロジーが、確かに各地で産声をあげはじめているのである。

本書には今どの分野がエクスポネンシャルな成長曲線を描いているかを紹介し、その分野に参入するための具体的なテクニックや心構えを、豊富な事例とともに紹介している。「大きなことを成し遂げたい!」という人にはもちろん、何が今「熱い」分野なのかを知りたい人にもお薦めの一冊だ。

石渡 翔

著者

ピーター・H・ディアマンディス
Xプライズ財団のCEO。15を超える宇宙・ハイテク関連の会社を創立した起業家。グーグル、3-Dシステムズ、NASAの後援を得て、シリコンバレーにシンギュラリティ大学を創立し、エグゼクティブ・チェアマンに就任。ハインライン賞、アーサー・C・クラーク賞、ニール・アームストロング賞などを受賞。マサチューセッツ工科大学で分子生物学と航空工学の学位を、ハーバードメディカルスクールで医学の学位を取得。ホーキング博士の無重力体験をアシストしたことでも知られている。2014年フォーチュン誌の「世界の偉大なリーダー50人」に選出される。

スティーブン・コトラー
ニューヨーク・タイムズ、ワイアード、GQ、ポピュラー・サイエンスに寄稿するジャーナリスト、ライターにして起業家。フロー・ゲノム・プロジェクトの共同創設者兼研究責任者。

本書の要点

  • 要点
    1
    今日のテクノロジーはエクスポネンシャルな発展を遂げている。変化に対応することのできない業界は淘汰されていくが、これからの起業家にとってはまたとないチャンスとなる。
  • 要点
    2
    イノベーションをもたらすためには、技術に対する知識をつけるとともに、正しいマインドセットを培う必要がある。環境を整え、意識を集中させるための術を身につけるべきだ。そして過去の経験から自らの哲学を編み出し、大事な局面でもブレないための心構えを身につけるべきである。

要約

突き抜けるテクノロジー

世界は「エクスポネンシャル」な成長をしている
ictor Soares/Hemera/Thinkstock

ここ最近になるまで、テクノロジーの成長は遅々としたものだった。1が2になり、3になり、4になりといった具合に、リニア(線形関数的)な成長曲線を描いていた。しかし今日のテクノロジーの進歩はエクスポネンシャル(指数関数的)であり、それにともなって世界は急激に変化を遂げている。

問題なのは、私たちに元来備わっている認知能力では、テクノロジーの急激な成長スピードにうまく対応できないということだ。これからどのようにテクノロジーが変化していくのか理解するためには、エクスポネンシャルな成長の特徴について理解しなければならない。ここでキーワードになるのが「デジタル化(digitization)」、「潜行(deception)」「破壊(disruption)」「非収益化(demonetization)」「非物質化(dematerialization)」「大衆化(democratization)」という6つのDである。これらはテクノロジーの進歩がどのような連鎖反応を生み出していくのかを示している。

6つのD
Dean Pictures/Fuse//Thinkstock

テクノロジーがエクスポネンシャルな成長を遂げた大きな要因が「デジタル化」である。イノベーションは人間がアイデアを共有することで生まれるものだが、人類が誕生した当初は伝達手段が限られていたため、アイデアの共有はなかなか進まなかった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
ボールド 突き抜ける力
未 読
ボールド 突き抜ける力
ジャンル
スキルアップ・キャリア 自己啓発・マインド 起業・イノベーション
著者
ピーター・H・ディアマンディス スティーブン・コトラー 土方奈美(訳)
出版社
日経BP社 出版社ページへ
定価
2,160円
出版日
2015年10月21日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義
スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義
ティナ・シーリグ 高遠裕子(訳)
未 読
リンク
リーダーの究極の教科書 論語
リーダーの究極の教科書 論語
皆木和義
未 読
リンク
リーダーシップ・チャレンジ〔原書第五版〕
リーダーシップ・チャレンジ〔原書第五版〕
ジェームズ・M・クーゼス バリー・Z・ポズナー 関美和(訳)
未 読
リンク
水平思考の世界
水平思考の世界
エドワード・デボノ 藤島みさ子(訳)
未 読
リンク
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
山下淳一郎
未 読
リンク
働き方
働き方
稲盛和夫
未 読
リンク
ヤバい経済学 [増補改訂版]
ヤバい経済学 [増補改訂版]
スティーヴン・D・レヴィット スティーヴン・J・ダブナー 望月衛(訳)
未 読
リンク
ヤバすぎる経済学
ヤバすぎる経済学
スティーヴン・D・レヴィット スティーヴン・J・ダブナー 望月衛(訳)
未 読
リンク
1
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り
星渉
未 読
リンク
2
amazon 世界最先端の戦略がわかる
amazon 世界最先端の戦略がわかる
成毛眞
未 読
リンク
3
スモール・スタート あえて小さく始めよう
スモール・スタート あえて小さく始めよう
水代優
未 読
リンク
『漫画君たちはどう生きるか』の著者が描く「仕事とはなにか」
『漫画君たちはどう生きるか』の著者が描く「仕事とはなにか」
2017.12.22 update
リンク
会社が顧客よりも社員を大事にするべき理由
会社が顧客よりも社員を大事にするべき理由
2016.04.12 update
リンク