大前研一ビジネスジャーナル No.9
世界のリゾート&ツーリズム徹底研究

未 読
大前研一ビジネスジャーナル No.9
ジャンル
著者
大前研一(監修) good.book編集部(編)
出版社
good.book
定価
1,620円
出版日
2016年02月26日
評点(5点満点)
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

選り抜きの、大前研一氏のコンテンツ集とも言える『大前研一ビジネスジャーナル』。第9弾となる本書のテーマは、「世界のリゾート&ツーリズム徹底研究」だ。

日本を訪れる外国人観光客は増加の一途をたどり、2020年には3000万人に達すると予測されている。日本においても、中国人観光客の「爆買い」現象や、世界に通用するスキーリゾートへと生まれ変わりつつある北海道のニセコなど、「インバウンドビジネス」は時代の趨勢といえよう。しかし、大前氏は「日本企業や地方に、長期的視点から観光産業を確立しようとするビジョンはあるのか?」と、核心に迫る問いを読者に突きつける。現に、和歌山県の南紀白浜のように、限られたスペースに自由に建築を進めた挙句、統一感に欠け、「幕の内弁当」化しつつあるリゾートも課題となっている。

大前氏は、日本の観光産業が取り組むべき課題と解決策を、世界各国の最前線の事例とともに鮮やかに提示していく。そして、日本がインバウンド時代を勝ち抜くためには、世界の富裕層をターゲットとする「スーパーラグジュアリーリゾート」の開発が不可欠だと断言する。

マッキンゼー時代から世界を股にかけ、各地のリゾートを知り尽くしている大前氏。日本のリゾート開発がめざすべき方向性についての提案には大いに説得力がある。本書は、観光産業やホスピタリティー業界にとどまらず、どの業界に属する人にとっても、ビジョンを描くための確固たる指針になってくれるだろう。

松尾 美里

著者

大前 研一(おおまえ けんいち)
株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長/ビジネス・ブレークスルー大学学長
1943年福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセツ工科大学(MIT)大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年に経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長を歴任し、1994年に退社。以後も世界の大企業、国家レベルのアドバイザーとして活躍するかたわら、グローバルな視点と大胆な発想による活発な提言を続けている。現在、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長及びビジネス・ブレークスルー大学大学院学長(2005年4月に本邦初の遠隔教育法によるMBAプログラムとして開講)。2010年4月にはビジネス・ブレークスルー大学が開校、学長に就任。日本の将来を担う人材の育成に力を注いでいる。

本書の要点

  • 要点
    1
    日本のホテルや旅館は、ラグジュアリーでもエコノミーでもない中途半端な立ち位置になっており、世界の富裕層を誘致できていない。
  • 要点
    2
    日本は、世界の人気リゾートのトレンドと強みを研究したうえで、観光産業の振興と地域活性化の打ち手として富裕層向けのリゾート開発に本腰を入れるべきだ。
  • 要点
    3
    細切れで散発的な日本のリゾート開発を見直し、欧米富裕層に一般的な、長期滞在のコンセプトに対応することが急務である。

要約

【必読ポイント!】 スーパーラグジュアリーリゾートの時代

観光産業の今

世界のリゾートは、1泊10万円という超一流ホテルに代表される「スーパーラグジュアリーリゾート」と、格安ホテルや海水浴場といった大衆向けの「エコノミーリゾート」に二極化している。この両者を柱とする観光産業は、今や6.8兆ドルもの巨大市場を形成し、世界の市場規模としては自動車産業を凌ぐという。

ところが、日本では国や地方が一丸となって観光産業の振興に取り組んでこなかった結果、2013年時点では、国際観光収支で160億ドルの大赤字を生んでしまっている。さらには、訪日外国人数は過去最高を記録しているにもかかわらず、国内旅館の市場規模はこの約20年の間に半分以下に縮小してしまった。日本のホテルや旅館は、ラグジュアリーでもエコノミーでもない中途半端な立ち位置になっており、かわりに外資系のホテルチェーンが加速度的に日本進出を図っているのが現状だ。

少子高齢化が進み、2040年には日本の市町村の50%が消滅するという試算もある中、地域活性化の打ち手として有力なのが、富裕層向けのリゾート開発である。日本も、世界の人気リゾートのトレンドと強みを研究し、インバウンド時代を勝ち抜く「仕掛け」を生み出すことが求められている。

世界の富裕層の心とサイフをつかめ

日本の観光地が抱える最大の課題は、世界の富裕層を獲得できていないという点である。とりわけ中国の富裕層は、東南アジアの高級リゾートには1泊あたり一人10万円以上の大金を落としていく。一方、

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
大前研一ビジネスジャーナル No.9
未 読
大前研一ビジネスジャーナル No.9
ジャンル
マーケティング 産業・業界 グローバル
著者
大前研一(監修) good.book編集部(編)
出版社
good.book
定価
1,620円
出版日
2016年02月26日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

外資系コンサルのリサーチ技法
外資系コンサルのリサーチ技法
アクセンチュア製造・流通本部一般消費財業界グループ 宮尾大志(編著)
未 読
リンク
ENIAC
ENIAC
ThomasHaigh MarkPriestley CrispinRope 土居範久(監修) 羽田昭裕(訳) 川辺治之(訳)
未 読
リンク
データで読み解く中国の未来
データで読み解く中国の未来
川島博之
未 読
リンク
ビジネスを「先読み」する人の日本経済史の読み方
ビジネスを「先読み」する人の日本経済史の読み方
小宮一慶
未 読
リンク
ハーバード あなたを成長させるフィードバックの授業
ハーバード あなたを成長させるフィードバックの授業
ダグラス・ストーン シーラ・ヒーン 花塚恵(訳)
未 読
リンク
ぷしゅ よなよなエールがお世話になります
ぷしゅ よなよなエールがお世話になります
井手直行
未 読
リンク
GAMIFY ゲーミファイ
GAMIFY ゲーミファイ
ブライアン・バーク 鈴木素子(訳)
未 読
リンク
馬を飛ばそう
馬を飛ばそう
ケヴィン・アシュトン 門脇弘典(訳)
未 読
リンク
1
RPAの威力
RPAの威力
安部慶喜 金弘潤一郎
未 読
リンク
2
勉強法
勉強法
佐藤優
未 読
リンク
3
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
昭和の偉大な経営者に学ぶ
昭和の偉大な経営者に学ぶ
2016.06.24 update
リンク
一流の人の心を開かせるための技術とは?
一流の人の心を開かせるための技術とは?
2016.02.09 update
リンク