ニューエリート
グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

未 読
ニューエリート
ジャンル
著者
ピョートル・フェリクス・グジバチ
出版社
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2018年03月01日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ニューエリート
ニューエリート
グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち
著者
ピョートル・フェリクス・グジバチ
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2018年03月01日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

仕事上のやり取りに、メッセンジャーやスカイプなどのチャットアプリを使う人は多いだろう。たった10年ほど前まではメールが中心だったが、新しいテクノロジーの登場で、今やビジネスの常識も変化している。

「今、目の前にある世界は当たり前ではない」。これが著者の「変わらぬ」信念である。共産主義体制下のポーランドで生まれた彼は、10代のうちにベルリンの壁の崩壊や、冷戦終結による社会構造の激変を経験している。西側の資本主義が流入したことで、それまで地元の雇用を担ってきた企業や国有工場は倒産し、多くの人が失業した。

変化は急にやってくる。そしてその変化は避けることができない。だからこそ変化を受け入れ、乗りこなしていくことが大切だ。これが、本書の根底に流れるテーマだといえそうである。

本書は「グーグル流」と銘打っているが、実際にはグーグル流を消化した「ピョートル流」であり、著者の実体験に基づく、地に足ついたメソッドが多数紹介されている。しかも著者は日本在住歴17年ということで、日本の事情にも詳しい。本書に出てくる事例も、私たちに馴染みがあるものばかりで、とっつきやすいだろう。

本書はビジネス書の類ではあるが、主婦でも学生でもリタイアした方でも、「自分をもっとアップデートしたい」と望む者であれば誰もが楽しんで読むことができるだろう。変化を楽しみ常に学ぶこと。それが「成功者」になる第一歩なのである。

矢羽野 晶子

著者

ピョートル・フェリクス・グジバチ(Piotr Feliks Grzywacz)
ポーランド生まれ。ドイツ、オランダ、アメリカで暮らした後、2000年に来日。2002年よりベルリッツにてグローバルビジネスソリューション部門アジアパシフィック責任者を経て、2006年よりモルガン・スタンレーにてラーニング&ディベロップメントヴァイスプレジデント、2011年よりグーグルにて、アジアパシフィックでのピープルディベロップメント、さらに2014年からは、グローバルでのラーニング・ストラテジーに携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発などの分野で活躍。現在は、独立して2社を経営。日本在住17年。ダイビングと合気道を行う。
著書に『0秒リーダーシップ』(すばる舎)、『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』(SBクリエイティブ)がある。

プロノイア・グループ http://www.pronoiagroup.com
モティファイ株式会社 www.motify.work

本書の要点

  • 要点
    1
    今は変化の時代である。これまでの「成功者」がこれからの「成功者」になるとは限らない。これからは、「新しい価値を生み出す人」「自分の見たい世界を作る人」が時代をリードする。
  • 要点
    2
    チャンスをつかむ人は学び続ける人だ。学びの機会をあえて仕事の中に求め、投資として「インパクトが低く、学びが多い仕事」にもある程度取り組むとよい。
  • 要点
    3
    決断はスピーディに直感で。そうすれば素早く行動できるし、自分の価値観に近い判断を下せる。

要約

【必読ポイント!】これからの成功者とは

エリートの定義が変わる

東大やハーバード大の卒業生の中には、代々同大学を出ているというエリート家系の人がいる。裕福な家族が手厚い教育投資をし、子どもは有名大学へ進む。そして卒業後は弁護士や医者になるという、いわゆる典型的なエリートである。

しかし今やAIや自動化・アウトソーシング化により、これまでの仕事は急速に変わってきている。たとえば、現在エリート職種と認知されている弁護士になるためには、既存の法律の知識をつめこみ、過去の判例を学ばなければならないが、それらはAIにより自動化できる。アメリカの大手ソフトウェア会社シマンテックのサービスを利用すると、2日で57万件の文書を分析できるそうだ。もはや人間が太刀打ちできる次元ではない。おそらく、10年後の弁護士の仕事は、現在のそれとは大きく違っているはずだ。

つまり、今の「エリートコース」に乗ったからといって、安泰ではない。もっと言えば、そこから外れている人にも、チャンスがあるということだ。

大切なのは、未来の波を先読みしつつ、新しい波を自ら作ることだ。

新しい価値を生み出す
anilakkus/gettyimages

日本の大手企業では、だいたい20代後半から30歳頃にかけて、出世コースに乗る人と外れる人に選別される。出世コースから外されて、悩む社員は多い。

しかし社会を見渡すと、グーグル、フェイスブック、エアビーアンドビー、ウーバーのような、現在成功している企業は「新しく業界を作ろうとしている企業」であることに気づくはずだ。これをキャリアに置き換えてみると、社内の出世競争に価値があるのは、たまたま会社が安定し存続しているから。もし会社ごとなくなれば、効力は一瞬で消える。

一方で、たとえ会社に属していても、自分にしかできない仕事を作り出し、新規事業や社内起業で成功している人たちもいる。彼らこそ、会社という枠組みを超えて活躍できる人材だ。

グーグルには「就業時間の20%は好きなことをしていい」という20%ルールがある。世界中の美術品を鑑賞できるアプリ「Google Arts & Culture」は、まさにこのルールから生まれたサービスだ。日本の企業でもチャレンジできる環境は整っていくはずで、その中で新しい価値を生み出せるかどうかが、今後のキャリアアップの鍵となるだろう。さらに、会社や業界の外にも目を向け、さまざまなコミュニティを作ることも武器になる。

「自分が見たい世界」を作る
undefined undefined/gettyimages

これから時代をリードする人材は、「こういう世界を描きたい、見たい」という確かなビジョンを持っている。そして「見たい世界」を作るために、自分がやるべきことであるミッションを探し出し、それを果たしていく。

ビジョンには、実現しようとする意志の強さが必要だ。ビジョンを実現したいというエネルギー、すなわちパッションさえあれば、賛同者は必ず現れる。ビジョン、ミッション、パッションが揃えば、確実に結果を出せるのだ。

そして、新しい働き方において重要なのは、仕事でのアウトプットにプライドがあるかどうかということ。加えて、アウトプットを出すまでのプロセスを楽しんでいるか、ということである。今そのように感じられない人は、仕事の内容を見なおすか、仕事そのものを変えるか、どちらかを選択すべきだ。

学び続けて、自分をアップデートする

仕事の中で学ぶ

自分のスキルや生産性を高めるために、日常的な学びは欠かせない。しかし著者はあえてMBAなどを取るのではなく、仕事の中に「学び」の要素を取り込むことをすすめている。

自分の仕事を、インパクトと学びの高低でマトリクスにしてみよう。ちなみに、インパクトが高いとは、一定の時間で生み出す価値が高いことだ。すると、次の4つに分けられるだろう。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
ニューエリート
ニューエリート
グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち
著者
ピョートル・フェリクス・グジバチ
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2018年03月01日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ニューエリート
未 読
ニューエリート
ジャンル
スキルアップ・キャリア 自己啓発・マインド 生産性・時間管理 リーダーシップ・マネジメント
著者
ピョートル・フェリクス・グジバチ
出版社
大和書房 出版社ページへ
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2018年03月01日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

経営参謀としての士業戦略
経営参謀としての士業戦略
藤田耕司
未 読
リンク
出世のススメ
出世のススメ
角田陽一郎
未 読
リンク
稼ぐAI
稼ぐAI
中西崇文
未 読
リンク
ティム・クック
ティム・クック
リーアンダー・ケイニー 堤沙織(訳)
未 読
リンク
分断を生むエジソン
分断を生むエジソン
北野唯我
未 読
リンク
編集思考
編集思考
佐々木紀彦
未 読
リンク
僕らはそれに抵抗できない
僕らはそれに抵抗できない
上原裕美子(訳) アダム・オルター
未 読
リンク
ヤバい集中力
ヤバい集中力
鈴木祐
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
2020.01.07 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
発酵を通して人類の文化や謎を紐解くカルチャー本 『発酵文化人類学』
発酵を通して人類の文化や謎を紐解くカルチャー本 『発酵文化人類学』
2017.11.10 update
リンク
ブックコーディネーター直伝、アイデアを生み出す「本とのつき合い方」
ブックコーディネーター直伝、アイデアを生み出す「本とのつき合い方」
2016.07.14 update
リンク