お金の不安がなくなる小さな習慣

心と財布に余裕が生まれる88のヒント
未読
お金の不安がなくなる小さな習慣
お金の不安がなくなる小さな習慣
心と財布に余裕が生まれる88のヒント
未読
お金の不安がなくなる小さな習慣
出版社
毎日新聞出版

出版社ページへ

定価
1,540円(税込)
出版日
2023年11月25日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

先行きが不透明で、経済は「右肩下がり」といわれるいまの時代、だれもが多少は「お金の不安」を抱えているのではないだろうか。しかし、「これだけあれば安心」という額は人によるし、はたから見ると十分稼いでいるように見える人でも、「まだ足りない」と思っているケースもあるだろう。

では、「お金の不安がない」とはどのような状態を指すのだろうか。本書では「お金の不安がない人」を、「どんな未来がやってきても、なんとかなると思える人」と位置づけている。「安心」は、お金のみに紐づくものではない。人とのつながりや仕事で得たスキル、限られた金額でやりくりする知恵など、安心を形づくるのはひとつではないはずだ。

本書は財テクではなく、「お金の不安をなくして、安心して生きていくためにできること」にフォーカスした一冊である。著者は『いつも機嫌がいい人の小さな習慣』『いつも幸せそうな人の小さな習慣』など、多くのベストセラーをもつ有川真由美さんだ。「ゆたかに生きるための習慣」を説いたらピカイチの著者が、本作では「お金とのつき合い方」を取り上げる。お金の使い方や稼ぎ方、お金を呼ぶ働き方や時間の使い方など、“有川流”習慣術が今回もたっぷり詰まっている。

本書を読むと、現実はなにも変わっていないのに、不思議とお金の不安がなくなっているはずだ。その理由は、ぜひご自身で探っていただきたい。「お金とは、あくまで幸せに生きるための手段」。ヒントはそこに隠されている。

ライター画像
矢羽野晶子

著者

有川真由美(ありかわ まゆみ)
作家、写真家。鹿児島県始良市出身。台湾国立高雄第一科技大学応用日本語学科修士課程修了。化粧品会社事務、塾講師、衣料品店店長、着物着付け講師、ブライダルコーディネーター、フリー情報誌編集者など、多くの職業経験を生かして、働く女性へのアドバイスをまとめた書籍を刊行。著書はベストセラー「いつも機嫌がいい人の小さな習慣」(毎日新聞出版)、「感情の整理ができる女(ひと)は、うまくいく」「50歳から花開く人、50歳で止まる人」「一緒にいると楽しい人、疲れる人」(PHP研究所)、「感情に振りまわされない―働く女(ひと)のお金のルール」(きずな出版)、「『気にしない』女はすべてうまくいく」(秀和システム)など多数。韓国、中国、台湾、ベトナムでも翻訳される。内閣官房すべての女性が輝く社会づくり推進室「暮らしの質」向上検討会委員(2014―2015)。日本ペンクラブ会員。

本書の要点

  • 要点
    1
    お金を賢く使っている人は、値段ではなく「いまの自分にとって必要か」「ほんとうに気に入っているか」で判断している。
  • 要点
    2
    充実した人生を送るためには、お金をものより経験に使うべきである。
  • 要点
    3
    人生の時間は有限だ。「お金で時間を買う」ことで、解決できることはたくさんある。
  • 要点
    4
    未来の自分を高めるには「時間の投資」が必要だ。1日30分でもいいから、スキルアップや心をゆたかにする経験に時間を使い、習慣づけることが望ましい。
  • 要点
    5
    「お金を稼ぐ力」「少ないお金で暮らす力」「いまあるお金を増やす力」の3つの力をつけることで、お金の不安は解消される。

要約

お金の使い方の習慣

ほんとうに欲しいものにお金を使う

「本日まで半額!」「2個まとめて○割引」という表示を見て、つい買ってしまうことはないだろうか。しかし「安いから買う」のは、実はいちばんの無駄遣いだ。「安いから」と買った服は袖を通さずに眠っている、食品は食べきれずに賞味期限が切れてしまった……ということもあるだろう。

賢いお金の使い方をしている人は、「いまの自分にとって必要か」「ほんとうに気に入っているか」で判断している。そのため、どんなに価格が安くても手を伸ばさないし、じっくり吟味して買い物をしている。

買うかどうか迷ったとき、著者は「迷う理由が値段なら買う、買う理由が値段なら止めておく」と決めている。少々高くても、ほんとうに欲しくて買ったものには“愛”がある。使うたびに気分が上がるし、大切に使おうという気にもなるからだ。

買うときは「値段で選ぶ」のではなく、「ほんとうに必要なもの、気に入ったものを選ぶ」ことが、お金と仲良くつき合っていく基本である。

「支払うお金」を働いた時間に換算する
luplupme/gettyimages

「世界一貧しい大統領」と呼ばれたウルグアイのムヒカ元大統領は、2012年の地球サミットで「物を買うというのは、稼いだ金ではなく労働した時間で買っている」とスピーチし、現代の経済発展のあり方に一石を投じ、ライフスタイルの見直しを提言した。

著者はその考え方に共感し、元大統領の妻で国会議員のルシア・トポランスキーさんを取材した。収入のほとんどを慈善団体に寄付し、農業をしながら質素に暮らしている夫妻の姿を見て、「むやみに欲しがらないことは品格で、時間や心の自由を手に入れること」だと思うに至った。

著者はそれ以来、「支払うお金」を「働いた時間や労力」に換算するようになった。たとえば、時給1000円の人が1万円のものを買うとしたら10時間かかる。「この商品にそれだけの価値があるか」と考えると、無駄遣いせず、「人や自分を幸せにすることに使いたい」と思うようになるはずだ。

「買わない習慣」をつける

「買う行動」は習慣である。お金の不安をなくすためには、「買わない習慣」をつけることが先決だ。その方法のひとつとして「必要なものが出てきたら買い物に行く」というものがある。

もっと見る
この続きを見るには...
残り3511/4436文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2023.12.04
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
心療内科医が教える本当の休み方
心療内科医が教える本当の休み方
鈴木裕介
未読
新版 科学がつきとめた「運のいい人」
新版 科学がつきとめた「運のいい人」
中野信子
未読
瞬考
瞬考
山川隆義
未読
迷わない新NISA投資術
迷わない新NISA投資術
菱田雅生大口克人
未読
すごく使える心理学テクニック
すごく使える心理学テクニック
内藤誼人
未読
これからの生き方図鑑
これからの生き方図鑑
樺沢紫苑
未読
頭のいい人は「答え方」で得をする
頭のいい人は「答え方」で得をする
樋口裕一
未読
他人を攻撃せずにはいられない人
他人を攻撃せずにはいられない人
片田珠美
未読
法人導入をお考えのお客様