志村流
金・ビジネス・人生の成功哲学

未 読
志村流
ジャンル
著者
志村けん
出版社
マガジンハウス 出版社ページへ
定価
1,300円 (税抜)
出版日
2002年03月22日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
志村流
志村流
金・ビジネス・人生の成功哲学
著者
志村けん
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
マガジンハウス 出版社ページへ
定価
1,300円 (税抜)
出版日
2002年03月22日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、志村けん氏死去という突然のニュースに驚かれた方も多いかと思う。「バカ殿様」や「変なおじさん」を演じ、お茶の間で愛されてきた志村氏の早すぎる死は、悔やまれるばかりである。

本書では、お笑いのプロとして長年にわたって第一線で活躍してきた志村氏が、自身の仕事哲学と人生哲学を包み隠さず披露している。そこからは、彼が老若男女、多くの人から愛されてきた理由が感じられる。

「バカ殿様」「変なおじさん」というキャラのイメージに引っ張られ、常にハチャメチャなのかと思ってしまう方もいるかもしれない。しかし本書からは、仕事には投資を惜しまない、徹底して準備を重ねるがそれを視聴者には悟らせないなど、妥協を許さない姿勢が垣間見える。広く愛されてきた「バカ殿様」「変なおじさん」の裏には、想像を絶する努力があったのだ。

本書が書かれたのは、長期的な不景気が続いていた2002年のことだ。そうした背景もあってか、本書には、出口の見えない不況の中で生き抜いていくためのヒントが詰まっている。

「バカ殿様」や「変なおじさん」を演じてきた志村氏を懐かしいと思う人はもちろん、先が見えない中で新たな一歩を踏み出したい人にも、ぜひ読んでいただきたい。第一線で活躍してきた「志村けん」だからこそ書ける一冊だといえるだろう。

木下隆志

著者

志村けん(しむら けん)
1950年2月20日東京都東村山市生まれ。74年4月、ザ・ドリフターズに加入。86年からは単独でも活動。主なキャラクターに「バカ殿様」「変なおじさん」「ひとみばあさん」ほか。
著書に『変なおじさん』『変なおじさん リターンズ』(共に日経BP社)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    志村けん氏は、プライベートでは何かにお金をつぎ込むことはなかった。一方、仕事の成果につながる大事なポイントでは、惜しみなく投資をしていた。
  • 要点
    2
    「どんなときでも約束の時間前に現場に入る」「仕事では準備に全力投球して完璧を目指す」など、成功の鍵は意外と地味なところにある。
  • 要点
    3
    仕事のパフォーマンスを上げる、すぐに実行可能で即効性のある方法は、考える前にマネしてみることだ。マネしてみれば自分の適性をふるいにかけられるし、自分ならではの独自性が見えてくる。

要約

人生

一生を24時間に例える
Brankospejs/gettyimages

「人生は72年、それが丸一日だ」と言われることがある。72年間の人生を1日=24時間と考えるならば、72(歳)÷24(時間)で、1時間=3歳となる。

そうすると、本書執筆当時の著者の年齢は52歳だから、17時にあたる。夏ならまだ明るいが、冬であればすでに辺りは暗くなっているころだ。これから夜に突入すると思うと寂しい気もするが、まだお楽しみのディナーが残っているといったイメージだ。

このように、年齢を一日に例えてみると、自身の置かれている状況がイメージしやすくなる。たとえば、働き盛りといわれる42歳は14時だ。一日で最も太陽が高い時間帯である。

42歳=14時を過ぎたら、陽がだんだん傾き、陰って、やがて夜になっていく。もう14時を過ぎている人たちが、これから自分の欠点を直してビジネスに再挑戦しよう、これまでの経験を生かして新たな仕事に転職しようなどと考えているなら、昇りつめてきたこれまでの時間と、沈みゆくこれからの時間に思いを馳せてみてはいかがだろうか。これからの自分の生き方や方向性が、自然と見えてくるはずだ。

「変なおじさん」に変身してみる

夕方の17時ごろ、つまり50歳を過ぎても成果が何もなかったり、宙ぶらりんの状態だったりするならば、ここは思い切って、考え方を方向転換してみるのもいいだろう。たとえば、「変なおじさん」に変身してみてはいかがだろうか。

「変なおじさん」とは、テレビ番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』で、著者が演じていたキャラである。若くてかわいい女の子が大好きで、いろんなものに変装し、たわいないイタズラをする。実はこのキャラは、著者の本心や願望を代わりに表現してくれている。

50歳を過ぎても宙ぶらりんの人は、能力や才能がないというよりは、自分自身を解放できずにいる人だ。そんな人は、自分にはできないと感じたとき、心の中で「変なおじさんにヘンシ〜ン」と叫んでみてほしい。

そうすることで、自分を解放してやることができる。人生も後半戦に突入してきたなら、いままでの自分や周囲から作られた固定概念を取っ払い、自分自身に素直になって生きていこう。

いろんな顔をもつ
Hakase_/gettyimages

テレビに映る「志村けん」は、実は3人いる。

1人目は、1950年2月20日生まれの、本名・志村康徳。これが「素の志村けん」だ。

2人目は、17歳の高校卒業直前にドリフターズの付き人から出発した「芸人・志村けん」。

そして3人目は、「変なおじさん」「ひとみばあさん」「バカ殿様」などを演じている「キャラ・志村けん」である。

多重人格というわけではないが、それぞれにはきっちり役割がある。この3人を、著者が管理しているのだ。

「素の志村けん」は、「芸人・志村けん」と「キャラ・志村けん」というブランドを管理する総括責任者である。「芸人・志村けん」の品質と財布の管理だけでなく、羽目を外さないように見張り、将来のことも考えておかなければならない。

「芸人・志村けん」は、タレントであり、第一線の営業部長であり、稼ぎ頭でもある。新たなお笑いのスタイル作りから番組制作の予算配分、CM出演やバラエティ番組のゲスト出演もこなす。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ぜんぶ、すてれば
ぜんぶ、すてれば
中野善壽
未 読
リンク
ゼロからはじめる力
ゼロからはじめる力
堀江貴文
未 読
リンク
ズボラPDCA
ズボラPDCA
北原孝彦
未 読
リンク
他人とうまくやっていく
他人とうまくやっていく
アラン・ピーズ バーバラ・ピーズ 藤田美菜子(訳)
未 読
リンク
営業はいらない
営業はいらない
三戸政和
未 読
リンク
ディズニーCEOが実践する10の原則
ディズニーCEOが実践する10の原則
ロバート・アイガー 関美和(訳)
未 読
リンク
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
豊田章男
豊田章男
片山修
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
あえて、数字からおりる働き方
あえて、数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
3
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未 読
リンク

イチオシの本

出版社のイチオシ#034
出版社のイチオシ#034
2020.07.10 update
リンク
読書がもっと好きになる3冊
読書がもっと好きになる3冊
2020.07.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年7月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年7月号)
2020.07.01 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年5~6月)
2020.06.26 update
リンク

インタビュー

【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
2020.06.29 update
リンク
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
2020.05.15 update
リンク
荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
【これからの本屋さん】 荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
2020.05.05 update
リンク
1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
あえて、数字からおりる働き方
あえて、数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
3
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未 読
リンク
出版社のイチオシ#030
出版社のイチオシ#030
2020.04.17 update
リンク
プロ経営者の礎を築いた「才と徳の読書術」
プロ経営者の礎を築いた「才と徳の読書術」
2015.06.02 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『志村流』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る