不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

未 読
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考
ジャンル
著者
大谷翔平
出版社
定価
1,078円(税込)
出版日
2017年03月01日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考
不可能を可能にする 大谷翔平120の思考
著者
大谷翔平
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,078円(税込)
出版日
2017年03月01日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
本の購入はこちら
おすすめポイント

2021年は大谷翔平に沸いた一年だった。投打にわたる「二刀流」で活躍し、メジャーリーグ史上初となる、奪三振や打点など5部門での「100超え」を達成。本塁打王争いにも加わり、イチローに続き日本人2人目の最優秀選手賞に輝いた。

しかし、周囲の熱狂をよそに大谷はどこか淡々としている。常に自分を冷静に見つめ、浮ついたところがない。それどころか、ベンチに戻る際に落ちていたゴミを拾うなど、マウンド外でも礼儀正しく振る舞っていた。謙虚な人柄は国内外で賞賛され、その内面にも注目が集まっている。

本書は大谷翔平の言葉をもとに、彼の「思考」を読み解いた一冊である。初版刊行は2017年3月のため、メジャー入りする前までの記録となっている。そのため、タイムラグを感じさせる部分もあるが、彼自身の姿勢が今もまったく変わっていないことに驚かされる。

大谷の原動力は「もっと野球が上手くなりたい」という向上心である。子どもの頃から「プロになる」と公言し、そのための努力を惜しまず、精神面でも自己研鑽に励んできた。華やかな表舞台の裏では、常に自己の内面と向き合う姿があった。

本書では大谷翔平を支える哲学や、日々の習慣があますところなく紹介されている。より高みを目指したいビジネスパーソンはもちろん、「子どもの才能を伸ばしたい」と願う子育て中の人にも大いに参考となるだろう。

ライター画像
矢羽野晶子

著者

大谷翔平(おおたに しょうへい)
プロ野球選手。1994年7月5日、岩手県生まれ。身長193センチ、体重95キロ、右投げ・左打ち。花巻東高校から2012年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズ入団。近代プロ野球では不可能と言われた投手と打者を兼任する“二刀流”に挑戦し、注目を集める。2016年はファイターズを日本一に導き、自身もパ・リーグMVP。プロ4年間で投手として39勝13敗、打者では打率.275、40本塁打。2017年オフにMLBのロサンゼルス・エンゼルスへ移籍。2018年にア・リーグ新人王を獲得。4年目となる2021年は打っては打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁、投げては9勝2敗、防御率3.18の活躍で見事ア・リーグMVPに選出される。

本書の要点

  • 要点
    1
    本書は大谷翔平の言葉を集めて、「挑戦」「苦悩」「向上心」「素顔」「克己心」「哲学」の6つの側面から大谷の「思考」を読み解いている。
  • 要点
    2
    大谷は挑戦者だ。常に自分に高い目標を課し、無理だと言われることにも挑み続けてきた。
  • 要点
    3
    大谷は求道者だ。いつも自分自身と向き合い、相手を倒すことよりも自らの成長を第一とする。
  • 要点
    4
    大谷の好きな言葉は「先入観は可能を不可能にする」。自分の可能性に制限をかけず、意志を持って進むことで道を開いてきた。

要約

挑戦

誰もやったことがないことをやりたい

大谷翔平は、高校時代からずっと“前人未到”を成し遂げてきた。花巻東高校3年の夏にはアマチュア野球史上最速160キロをマーク。プロ初登板の2013年5月23日ヤクルト戦では、新人初登板で松坂大輔の155キロを上回る157キロ、そして16年10月16日のソフトバンク戦ではついに165キロを出した。同年、投打にわたる「10勝、100安打、20本塁打」に到達し、投手と指名打者の2部門でベストナインに選出され、プロ野球史上初の快挙を成し遂げた。

「最初に“目標160キロ”と言った時は“無理じゃないか”と言う人たちもいたけど、そう言われると、絶対やってやるという気持ちになる」

反骨心を原動力としたパワーで、自分の限界を突破する。これからも「史上初」の壁を破り続けるだろう。

勝てない理由を自分の中に探す
Marrio31/gettyimages

課題を乗り越えられない原因をほかへ求める他罰的思考。これは自発的な行動を放棄することであり、成長につながらない。

大谷は自罰的な思考の持ち主だ。大谷は「今まで大事な試合で勝ち切れなかったのは、自分の中に足りないものがあったから」と言う。大谷は大一番で勝てない原因を、いつも自分の中に探し続けてきた。

「これまで野球をやってきた中で一番といっていいほど緊張した」という2015年のプレミア12では、入り方から全て変えてみたという。大一番でどういうピッチングが出来るのか、どういう状態でマウンドに上がれるのか。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
WORK
WORK
moto(戸塚俊介)
未 読
リンク
今さら聞けない 時間の超基本
今さら聞けない 時間の超基本
二間瀬敏史(監修) 吉武麻子(監修)
未 読
リンク
コーヒーで読み解くSDGs
コーヒーで読み解くSDGs
Jose.川島良彰 池本幸生 山下加夏
未 読
リンク
HEALTH RULES ヘルス・ルールズ
HEALTH RULES ヘルス・ルールズ
津川友介
未 読
リンク
セレンディピティ 点をつなぐ力
セレンディピティ 点をつなぐ力
クリスチャン・ブッシュ 土方奈美(訳)
未 読
リンク
14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」
14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」
川口加奈
未 読
リンク
人生はゲームなのだろうか?
人生はゲームなのだろうか?
平尾昌宏
未 読
リンク
フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉
フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉
原晋
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。
父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。
ヤニス・バルファキス 関美和(訳)
未 読
リンク
2
やわらかく、考える。
やわらかく、考える。
外山滋比古
未 読
リンク
3
今さら聞けない お金の超基本
今さら聞けない お金の超基本
泉美智子(監修) 坂本綾子
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
出版社のイチオシ#077
出版社のイチオシ#077
2022.08.12 update
リンク
夏休みまでもう少し! お疲れのあなたに効く本、集めました
夏休みまでもう少し! お疲れのあなたに効く本、集めました
2022.08.08 update
リンク
出版社のイチオシ#076
出版社のイチオシ#076
2022.08.05 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022 年6 月~7 月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022 年6 月~7 月)
2022.07.26 update
リンク
インタビュー
ワーケーションも転職も。これからは「越境」が武器になる
ワーケーションも転職も。これからは「越境」が武器になる
2022.08.04 update
リンク
お通夜ミーティングはこれでなくなる
お通夜ミーティングはこれでなくなる
2022.07.08 update
リンク
「TikTok売れ」を知らない世代へ捧ぐ タイパ、短尺動画が支持されるワケ
「TikTok売れ」を知らない世代へ捧ぐ タイパ、短尺動画が支持されるワケ
2022.06.29 update
リンク
エシカル・ビジネスで未来を拓く、白木夏子氏が伝えたかったこと
エシカル・ビジネスで未来を拓く、白木夏子氏が伝えたかったこと
2022.06.07 update
リンク
1
父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。
父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。
ヤニス・バルファキス 関美和(訳)
未 読
リンク
2
やわらかく、考える。
やわらかく、考える。
外山滋比古
未 読
リンク
3
今さら聞けない お金の超基本
今さら聞けない お金の超基本
泉美智子(監修) 坂本綾子
未 読
リンク
仕事ができる人になる! あなたの「仕事力」を上げてくれる本
仕事ができる人になる! あなたの「仕事力」を上げてくれる本
2022.07.18 update
リンク
出版社のイチオシ#071
出版社のイチオシ#071
2022.04.01 update
リンク
お通夜ミーティングはこれでなくなる
お通夜ミーティングはこれでなくなる
2022.07.08 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『不可能を可能にする 大谷翔平120の思考』をおすすめする
保存が完了しました