会社にお金を残す経営の話

未 読
会社にお金を残す経営の話
ジャンル
著者
椢原浩一
出版社
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2019年04月28日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.5
革新性
3.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
会社にお金を残す経営の話
会社にお金を残す経営の話
著者
椢原浩一
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2019年04月28日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.5
革新性
3.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

本書はその名の通り「会社にお金を残す経営の話」である。資金繰りに苦しむ中小企業の経営者はもとより、企業で働く社会人ならみな知っておくべき話がつまっている。なぜなら経営は社長一人が行うものではなく、社員一人ひとりの活動の総和であるからだ。

一般的に「会社にお金を残す」と聞くと、売上を増やすか経費を減らして利益を増やす話だと思う人が多いに違いない。だが、本書は根本的にそうした話とは異なる。「売上が伸びても利益が伸びるとは限らない」「利益が増えてもお金が増えるとは限らない」「そもそも利益は存在しない」「損益計算書は経営判断には適していない」「税金は経費である」など、これまでの常識を覆すような話が次々に飛び出す。経営を勉強した人もハッとさせられるのではないだろうか。

本書はストーリー仕立てとなっており、料理人だった主人公が急逝した兄の運送会社を引き継ぐところから話は始まる。実は、このモデルになっているのは、百戦錬磨の著者が実際にコンサルティングを実施した企業だ。それゆえ、経営の舞台裏を覗いているような臨場感を味わえる。何といっても、経営の素人である主人公が奮闘し、社員と一体になって黒字再建した結果、余剰金が2億を超えIPOの声もかかるまでの超優良企業に変身を遂げる過程は、読者に勇気と希望を与えてくれる。

会社にお金がないと嘆く前に、会社にお金を残す方法を知らなければどうにもならない。企業再建、再生のノウハウはもちろん、優良企業になるための要諦が詰まった良書である。

金井美穂

著者

椢原 浩一(くにはら こういち)
KRBコンサルタンツ株式会社代表取締役社長。認定事業再生士(CTP)。
1964年大阪生まれ。近畿大学を卒業後、株式会社キーエンスを経て、27歳のときに日本LCAで経営コンサルタントに。1998年独立。2003年中小企業庁経営支援アドバイザー。
「専門家」という呼び名の通り一つの特定分野の知識を持ったコンサルタントが多いなか、財務はもとより戦略、金融、法律の4分野に関する豊富な知識と経験を持った数少ない経営コンサルタント。「安心と成長」を掲げ、本書にあるような黒字化や会社再建、事業再生、事業承継の実践的コンサルティングを行っている。
現在、「黒字メソッド実践会」を主宰し、1社でも多くの会社が1年で黒字になることを目指して、会員に黒字メソッドを公開、指導中。
2019年1月現在、相談件数3537件。指導件数991件。再建再生社数348社。
著書に『銀行交渉がうまくいく返済猶予成功術』『一年で黒字を実現する赤字企業再建術』『別会社を使った究極の事業再生』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)。
●KRBコンサルタンツ株式会社
https://krbcg.co.jp/

本書の要点

  • 要点
    1
    利益が増えても会社のお金が増えるとは限らない。お金が増えるように利益を増やすことが大切だ。
  • 要点
    2
    利益を伸ばすカギは限界利益にある。利益は限界利益と固定費のバランスで決まる。
  • 要点
    3
    売上は単価×数量×頻度で表せる。単価は特に重要で、その決め方が経営を左右することもある。
  • 要点
    4
    会社の財務体質を強くするためには節税をしてはならない。税金は経費と捉えるべきだ。

要約

ドラマのような本当の話

利益もない、お金もない
SB/gettyimages

それは突然やって来た。社員100名を超える運送会社の社長だった松平武志がガンになり、この世を去ることとなった。その緊急事態で後継者として白羽の矢が立てられたのが、武志の弟である主人公の松平遼である。

社長が変われば、経営スタイルや社員の意識、会社の風土、仕事の仕組みなどはおのずと変わる。社長交代後の経営に差し障りがあってはいけない。そう考えた武志は、あらかじめ新会社を設立して、弟の遼を新社長に据える段取りをつけていた。そうして遼は、思いもかけず、兄の遺志を引き継いで料理人から経営者に転身することになった。

新しい門出はいばらの道だった。資金繰りは悪く、入ってくるお金より出て行くお金のほうが多かった。会社にはほとんどお金がないうえ、金融機関から借りたお金をリスケ(返済条件変更)しているため、新たな融資を受けられない。しかも、元料理人の自分は経営のプロではないにもかかわらず、家族や社員の生活を守らなければならない。そんな重圧が遼の双肩にかかっていた――。

本書は、経営のイロハも知らなかった主人公が、経営コンサルタントの櫻田浩太郎に助けを借りながら会社を蘇らせていく、実話をもとにした奇跡のストーリーである。

【必読ポイント!】 売上より大事なもの

新米社長、経営のイロハを学ぶ

遼が兄の会社を継いで新会社を設立後、黒字再建するまで、その間はわずか4年であった。資金が底を尽き、一時は金融機関から全く相手にされなくなった。そんな状態の会社が、いまや2億5000万の現預金を保有する超優良企業である。

この目を見張る復活劇の背景には、いったい何があったのか。もちろん、売上高は順調に伸びているが、実はそれが理由ではない。売上が伸びても利益が伸びるとは限らない。なぜなら売上と利益は全く異なるものだからだ。さらにいうと、利益が増えても、お金が増えるとは限らない。お金は増やそうとしなければ、増えるものではない。重要なのは、お金が増えるように利益を伸ばすことだ。

最初の修行は会計ソフトへの入力

当初、会社にお金がないのは明白だった。しかし、遼にはその理由がわからないまま。ちょうど経理担当者が退社することになり、経営コンサルタントの櫻田の提案で、遼自身が経理を担当することになった。

遼は請求書や領収書とにらめっこしながら、会計入力を行っていく。「燃料費ってこんなにかかるのか」「近くまで行くのに高速を使っているな」「この得意先は入金サイクルが150日もあるのか」「コピー用紙を買いすぎだろう」。こうしたつぶやきは、社員をそわそわさせた。

遼は経理を通じて、会社のお金の流れをつかむことができた。だがまだ本質的な問題解決には至っていない。会社のお金を増やすにはどうすればいいのか。櫻田曰く、大切なのは、売上と入金、費用と支払は全く違うものだということを理解しておくことだ。

新米社長、利益の実態に驚く
Jirapong Manustrong/gettyimages

では売上と入金、費用と支払はどう違うのか。それは、売上と費用はお金ではないが、入金と支払はお金だということだ。また売上と費用を計上するタイミングと入金と支払のタイミングも異なる。そのため売上と費用の差額である利益と、入金と支払の差額である残高は一致しない。

何より遼を驚かせたのは、「利益は存在しない」という櫻田の言葉だった。利益には実体がない。その証拠に通帳のどこにも存在していない。利益は事業存続のために使われるコストとしてとらえる必要があるというのだ。

さらに、売上を伸ばしても、必ずしも利益が増えるとは限らない。逆に赤字になることさえある。利益を伸ばすカギとなるのは売上ではなく、実は限界利益なのだ。

限界利益とは、売上高から売上原価(変動費)を引いたものをいう。そこから固定費を引けば利益となる。限界利益が固定費を上回れば会社は黒字になる。要するに、会社の利益は限界利益と固定費の関係で決まるということだ。このことをわかっていないと、悲惨な結果を招いてしまう。

活用する資料が意思決定を狂わせる

全部原価法の落とし穴

会社を経営するなかで遼が気になったのは、得意先別あるいは商品別にどれだけの儲けが出ているかだった。そこで、遼は損益表を自分なりに作成した。ところが、櫻田は、得意先別や商品別の損益を計算しても役に立たないという。なぜなら、遼が作成した損益表は、全部原価法で作成されていたからだ。

たとえば、燃料費を運送原価に含んでいたとする。もし敷地内にミニガソリンスタンドがある会社なら、未使用の燃料が在庫として計上されることになる。その結果、売上総利益にこの在庫が加味され、実態以上に利益を押し上げてしまうことがある。そもそも全部原価法は税金計算のためのものであり、経営判断に適したものではないのだ。

損益計算書の落とし穴

損益計算書も同様に、経営判断の資料としてはふさわしいものではない。なぜなら、損益計算書が引き算だけで作成されているからだ。具体的には、売上から原価、販売管理費を引いて営業利益を算出し、そこに営業外収支を加味して経常利益を算出する。そうすると、最後の利益を増やすためには、表の一番上にある売上を増やすか、引き算の対象となる原価や固定費を減らすという発想しか出てこない。それでは利益を増やす効果的な方法は見つけられない。

では、どのような資料が経営に適しているのだろうか。それは、数量比例の科目だけを変動費として計算している損益計算書である。固定費を配賦せず、得意先別の一ルートあたりの単価と変動費を数量比例で作成した表であれば、利益に至るまでのプロセスが目に見えてわかる。そうしてはじめて、利益を増やすための方法を考えられるのだ。そこで必要な情報は次の4つである。「一商品あたり販売単価」「一商品あたり変動費」「一商品あたり限界利益」「販売数量」だ。

値決めが利益を決める
Fokusiert/gettyimages

管理会計の専門家を含めて、外注費は変動費だと思っている人が多い。だが実は、外注費は変動費ではない。なぜなら仕事を外注に出すかどうかは人が決めているからだ。それは意思決定の結果で決まるものであって、数量に比例するとは限らない。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

「値づけ」の思考法
「値づけ」の思考法
小川孔輔
未 読
リンク
ほどよい量をつくる
ほどよい量をつくる
甲斐かおり
未 読
リンク
純粋機械化経済
純粋機械化経済
井上智洋
未 読
リンク
これからの都市ソフト戦略
これからの都市ソフト戦略
藤後幸生
未 読
リンク
プレイ・マターズ
プレイ・マターズ
ミゲル・シカール 松永伸司(訳)
未 読
リンク
世界一シンプルなモノの売り方
世界一シンプルなモノの売り方
青木毅
未 読
リンク
会社を潰すな!
会社を潰すな!
小島俊一
未 読
リンク
経営参謀としての士業戦略
経営参謀としての士業戦略
藤田耕司
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク

イチオシの本

今だからこそ読みたい、未来を考えるための3冊
【〈連載〉わたしたちの未来の話をしよう 第1回】 今だからこそ読みたい、未来を考えるための3冊
2020.09.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
2020.09.28 update
リンク
「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク
破綻企業と優良企業には意外にも共通する傾向が。『衰退の法則』
破綻企業と優良企業には意外にも共通する傾向が。『衰退の法則』
2018.01.12 update
リンク
『嫌われる勇気』著者は、「生き方を変える本」とどう出会ってきたのか
『嫌われる勇気』著者は、「生き方を変える本」とどう出会ってきたのか
2019.03.22 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『会社にお金を残す経営の話』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る