部下がついてくる人、離れていく人の叱り方

未 読
部下がついてくる人、離れていく人の叱り方
ジャンル
著者
齋藤直美
出版社
定価
1,430円(税込)
出版日
2015年07月21日
評点
総合
3.3
明瞭性
3.5
革新性
3.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
部下がついてくる人、離れていく人の叱り方
部下がついてくる人、離れていく人の叱り方
著者
齋藤直美
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,430円(税込)
出版日
2015年07月21日
評点
総合
3.3
明瞭性
3.5
革新性
3.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
おすすめポイント

部下を叱るのが好きな人はそういないはずである。叱ることには、欠点を指摘する、ミスの原因を追及するなど、どうしてもマイナスのイメージがつきまとう。叱った後の部下との関係にも気を遣うだろう。本書では、そんな「部下を叱る」という行為の本質を見つめ、何のために叱るのかという根本的な考え方から、どう叱ると伝わりやすくなるかの話し方のテクニック、ひいては叱ることをきっかけに部下のパフォーマンスを伸ばすという発想の転換までを追究し、あらゆる角度から有用な「叱る」方法を導き出す一冊である。

叱り方を突き詰めていくと、人と人との信頼関係をどう築くか、自分自身は部下とどう向き合っていくのか、といった人間関係の基本に関わるところに行き着くのだということにも、本書は気づかせてくれる。「自分の利益のために叱っていなかったか?」「日ごろからよいコミュニケーションがとれているか?」と、読者は、知らず知らずのうちに自問することになるだろう。

叱るときに何と言えばいいのかわからない、一生懸命叱ったつもりだが関係が悪化してしまったなど、叱り方に悩みをもっている人はもちろんのこと、今以上に部下にパフォーマンスを上げてほしいと思っている人、自分の叱り方はこれでいいのかどうか確認したい人にもおすすめの一冊である。

著者

齋藤直美
株式会社ミュゼ代表取締役。
外食チェーン本部人材育成部署にて、約8000人の教育・研修を担当し、新人、管理職、社内講師の育成を行う。その後、2006年(株)ミュゼ設立に参画。“月曜日が待ち遠しくなる組織づくり”をコンセプトに大手企業や自治体などあらゆる業界のリーダー教育、組織活性化に携わり、全国各地で研修・講演を行っている。
研修、講演の受講者満足度は高く、「現場で使える!」と定評があり、ほめ方・叱り方について新聞、雑誌、テレビなどで多数取り上げられている。
著書に『「ほめる・しかる」で部下を劇的に伸ばす!「20代男子」戦力化マニュアル』(日本実業出版社)、『叱り方ハンドブック』(中経出版)、『あたりまえだけどなかなかできない叱り方のルール』(明日香出版社)など多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    叱るということは相手の成長を願ってする行為である。自分本位の感情ではなく相手への愛情がベースとなっているかを確認しよう。
  • 要点
    2
    叱るときは客観的に事実を確認し、相手の話をよく聞く。決めつけて責めたり、自分がいい恰好をしようとしたりせず、部下に敬意をもってひとりの人間として対話することが大切だ。
  • 要点
    3
    ポジティブな言葉をかける、プロセスを評価する、部下の強みを生かすなど、適切な叱る方法を選ぶことで部下をいい方向に伸ばすことができる。
  • 要点
    4
    必要な時に上手に叱るためには、日ごろの信頼関係づくりが重要である。

要約

部下を叱るときの心構えと基本

何のために部下を叱るのか

あなたは、どんなときに部下を叱っているだろうか。叱るとき、頭の中にはどんなことが思い浮かんでいるだろうか。「部下のミスによって自分が困る」「自分に不利益が生じる」という思いからついきつく叱ってしまった、という経験もあるかもしれない。しかしその思いは必ず部下に伝わる。「自分が困るから」という理由で叱っていては、本心を見抜かれて部下は離れていくだろう。叱るということは、相手の成長を願い、未来を変えるための前向きな対話でなければならないのだ。

やってはいけない叱り方

叱る場面では、自分も感情的になってしまうこともあるだろうが、そこは一呼吸おいてほしい。感情をただぶつけたり、いつまでもしつこく叱ったりしてはいけない。「お前はダメだ」と人格を否定するような叱り方は論外だ。存在や能力、この先の成長の可能性やバックグラウンドまでを否定する叱り方をしてしまう人もいるが、それでは部下は傷つくだけだ。あくまで部下の「どんな行動を改めなければいけないのか」にフォーカスしよう。叱るとは、部下の人格を変えることではなく、行動の改善を促すものなのだ。

叱る前に、関係性ができているか
SashaGalatchenko/iStock/Thinkstock

叱るときには、叱る側にも不安な気持ちがよぎることがあるだろう。しかし日ごろから信頼関係を築いていれば、人は素直に話を聞けるものである。叱った後のことを心配するより、日ごろからのコミュニケーションを大切にしよう。その上で、愛情をもって、自分の気持ちも正直に話しながら叱れば、きっと相手に伝わるはずである。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣
「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣
松下雅憲
未 読
リンク
座らない!
座らない!
トム・ラス 牧野洋(訳)
未 読
リンク
話す力
話す力
デール・カーネギー 東条健一(訳)
未 読
リンク
The Good Ones
The Good Ones
BruceWeinstein
未 読
リンク
一生お金に困らない人生をつくる―信頼残高の増やし方
一生お金に困らない人生をつくる―信頼残高の増やし方
菅井敏之
未 読
リンク
ヘッドハンターだけが知っている プロ経営者の仕事術
ヘッドハンターだけが知っている プロ経営者の仕事術
古田英明
未 読
リンク
3年後、転職する人、起業する人、会社に残る人
3年後、転職する人、起業する人、会社に残る人
佐藤文男
未 読
リンク
China 2049
China 2049
マイケル・ピルズベリー 森本敏(解説) 野中香方子(訳)
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
適職の地図
適職の地図
土谷愛
未 読
リンク
2
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomy
未 読
リンク
3
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
阿比留眞二
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「働き方本」のテッパン3冊
「働き方本」のテッパン3冊
2022.11.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
2022.11.26 update
リンク
出版社のイチオシ#085
出版社のイチオシ#085
2022.11.18 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
インタビュー
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
1
適職の地図
適職の地図
土谷愛
未 読
リンク
2
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomy
未 読
リンク
3
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
阿比留眞二
未 読
リンク
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
2022.10.31 update
リンク
夏休みまでもう少し! お疲れのあなたに効く本、集めました
夏休みまでもう少し! お疲れのあなたに効く本、集めました
2022.08.08 update
リンク
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『部下がついてくる人、離れていく人の叱り方』をおすすめする
保存が完了しました