自分だけの強みが遊ぶように見つかる

適職の地図

未読
日本語
適職の地図
自分だけの強みが遊ぶように見つかる
適職の地図
著者
未読
日本語
適職の地図
著者
出版社
かんき出版

出版社ページへ

定価
1,650円(税込)
出版日
2022年10月03日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

「自分の強みは何か」「仕事を通して何を成し遂げたいか」。就職活動の際に何度となく自己分析をおこなったことだろう。しかし、いざ社会に出たのに強みも向いている仕事もわからない。このような状況の人は多いのではないだろうか。

それもそのはず。就活の自己分析の多くは、「本当の自分を知る」ためのものではなく、「会社に求められる人材」を演じるための対策であるからだ。しかし長い仕事人生において、自身の本質がわかっていなければ、早晩また「やりたいこと迷子」になってしまうだろう。そこから抜け出し、自分を知るのにピッタリの一冊が本書だ。

著者の土谷愛氏は、これまで7000名以上の人に「本当の強みに気づく自己分析メソッド」を伝えてきた強み発掘コンサルタントである。土谷氏は、適職探しの第一歩は自分にとっての理想の人生を明確にすることだという。理想の人生を実現させる手段が「やりたいこと」であり、その手段となる仕事が「適職」であり、そのために有用な自身の特徴が「強み」になるのである。

本書では「適職クエスト」という7日間のゲームを通じて、「自分の強み」「やりたいこと」「適職を手に入れるための具体的なプラン」を導き出していく。ゲーム感覚で理想の未来を描くプロセスは思いのほか楽しい。ワークを進めるうちに、自分の意外な望みや特性にも出合えるはずだ。心から望む未来を叶えるために、自分と対話し、自分だけの適職の地図を描いてみてはいかがだろうか。

ライター画像
矢羽野晶子

著者

土谷愛(つちたに あい)
強み発掘コンサルタント。社会人向け自己分析講座「アドバンテージゲーム」主宰。
売上ビリの落ちこぼれ営業時代、ひょんなことから「自分の強み」を見つけて社内1位、最年少管理職に。広告業界で約600本の記事制作を担当し、多くの顧客や部下と接し「人の強みを見つける力」を磨く。
2018年、退職後に始めたブログで「強み発掘オタクがあなたの強み見つけます」という相談サービスを開始したところ、申し込みが殺到。「誰にでも輝く強みがある」という信念のもと、自己分析・強みの収益化・SNS発信などをテーマにオンライン講座を続々と開講。自分探しに迷う20〜30代の会社員や主婦が口コミで集まり、総受講者500名超、公式メルマガの読者は累計7000名を突破。
著書に『特別なスキルがなくてもできる 月収+10万円 こっそり副業術』(日本能率協会マネジメントセンター)。独自の強み発掘×収益化メソッドが話題となり、発売後半年で8刷、Amazonランキング7冠。フジテレビ「ノンストップ!」出演など、活躍の場を広げている。

本書の要点

  • 要点
    1
    適職とは自分にとっての「理想の人生」を叶える仕事である。仕事を通じてどんな人生を手に入れたいのかを明確にすることが、適職を手にするための第一歩だ。
  • 要点
    2
    「やりたいこと」とは理想の未来を実現する手段である。自分にとっての理想の未来に近づく手段であれば、どんなこともやりたいことになる。
  • 要点
    3
    先天的な「資質の強み」(外見、性格)は、意識してプラスの側面に目を向けるとよい。
  • 要点
    4
    人生で身につけた「後天性の強み」(経験、知識、スキル、実績)は、いくらでも増やしていける。大切なのは、理想の未来から逆算して必要な強みを必要な順番で増やすことだ。

要約

適職クエストへようこそ

7日間で自分の強みを見つけるゲーム
『適職の地図』P 230図解より

「はぁ……、もうダメだ」。本書の主人公の弟はカフェでため息をついた。就職活動中だが、面接に落ちて落ち込んでいるのだ。「ドンマイ」となぐさめる主人公も転職活動中だが、転職サイトを眺めているだけでピンとくる求人はない。事務職として5年働いてきたが、これといった強みもなく、そもそも自分に向いている仕事もわからない。

そのとき、ふたりは向かいの席に座っている奇抜な格好をした女性に気がついた。その女性は「今のまま何となく過ごしていたら、強みもやりたいことも一生わからない」とふたりに語りかけ、「適職クエスト」という7日間のゲームに参加してみないかと誘った。そして悩みを解決する切り札だという「適職の地図」を渡し、隣のビルの入り口に来てほしいと告げた。今の状況を打開したい彼らは、適職クエストに参加することにした。

適職クエストとは、人生を振り返りながら、やりたいことや、すでに持っている強みを見つけ、理想の人生につながる適職を見つける7日間のゲームである。

1日目:ゲームのエンディング(理想の未来)を決める

2日目:ステージ(やりたいこと)を選ぶ

3日目:基本スペック(資質の強み)を知る

4日目:じゅもん(後天性の強み)を把握する

5日目:アイテムリスト(資源の強み)をつくる

6日目:ゴール・中間地点・メインクエスト(やるべきこと)を設定し、「適職の地図」をつくる

7日目:強み・敵・裏クエスト(足りない強み)を書き入れ、「適職の地図」を完成させる

要約ではこのうち1日目から4日目までを紹介する。

【必読ポイント!】 1日目:ゲームのエンディングを決める

適職とは「理想の人生」を叶える仕事

適職とは何か。自分に向いている仕事、情熱を注げる仕事といった意見が出るだろうが、このゲームでは適職を「理想の人生を叶える仕事」と定義する。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomyの気にしない力
精神科医Tomy
未読
いちいち気にしない心が手に入る本
いちいち気にしない心が手に入る本
内藤誼人
未読
小さく分けて考える
小さく分けて考える
菅原健一
未読
2度目の会話が続きません
2度目の会話が続きません
野口敏
未読
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
最高のリーダーは、チームの仕事をシンプルにする
阿比留眞二
未読
リスキリング
リスキリング
後藤宗明
未読
1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉
1日1篇「人生を成功に導く」365人の言葉
『PHP』編集部(編)
未読
覚悟の磨き方
覚悟の磨き方
池田貴将(編訳)
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様