直感と論理をつなぐ思考法
VISION DRIVEN

未 読
直感と論理をつなぐ思考法
ジャンル
著者
佐宗邦威
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年03月06日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
直感と論理をつなぐ思考法
直感と論理をつなぐ思考法
VISION DRIVEN
著者
佐宗邦威
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年03月06日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

成功するプロジェクトとそうでないプロジェクトの違いは、そこに「妄想」を持った人がいるかどうか、その一点しかない――数々のイノベーションに関わるなかで、著者が確信したことである。「本当に価値あるものは、妄想からしか生まれない」のだ。それでは妄想(ビジョン)とは何か。著者によると、それは実現するかどうかわからない、未来に向けてのアイデアのことだという。

それは決して一部の天才のものではない。99%の凡人たる私たちにも、妄想を解き放つことは十分にできる。しかも妄想を妄想のまま終わらせることなく、「妄想」をビジネスの「戦略」にまで落とし込むこともできるというのが著者の主張だ。そのカギとなるのが、直感と論理をつなぐ思考法、「ビジョン思考」(Vision Thinking)だ。

ビジョン思考は一部の人間だけができるものではない。そこには確固たる「メソッド」が存在する。「手を動かして考える」「五感を活用する」といった原則にもとづきながら、「魔法の問いかけ」などの手法を実践することにより妄想を膨らませ、妄想→知覚→組替→表現のサイクルをまわしていく。

「人は何かを生み出しているとき、まさにその行為自体から幸福感を得ることができる」と著者は語る。ビジョン思考をマスターすることで、私たちはビジネスの世界のなかにありながら、創造という喜びにふれることができる。このメッセージこそ、著者から読者に対する最高のギフトというべきだろう。

しいたに

著者

佐宗 邦威 (さそう くにたけ)
株式会社BIOTOPE代表/チーフ・ストラテジック・デザイナー
大学院大学至善館准教授/京都造形芸術大学創造学習センター客員教授
東京大学法学部卒業、イリノイ工科大学デザイン研究(Master of Design Methods)修了。
P&Gマーケティング部で「ファブリーズ」「レノア」などのヒット商品を担当後、「ジレット」のブランドマネージャーを務める。その後、ソニーに入社。同クリエイティブセンターにて全社の新規事業創出プログラム立ち上げなどに携わる。
ソニー退社後、戦略デザインファーム「BIOTOPE」を起業。BtoC消費財のブランドデザインやハイテクR&Dのコンセプトデザイン、サービスデザインプロジェクトが得意領域。山本山、ぺんてる、NHKエデュケーショナル、クックパッド、NTTドコモ、東急電鉄、日本サッカー協会、ALEなど、バラエティ豊かな企業・組織のイノベーション支援を行っており、個人のビジョンを駆動力にした創造の方法論にも詳しい。
著書に『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    人も組織も「これがやりたい!」があると強い。その原動力となるのは、根拠があるとはいえない「直感」、得体のしれない「妄想」である。
  • 要点
    2
    ビジョン思考とは、自分モードから生まれる「妄想」、イメージ脳を駆使する「知覚」、壊してつくり直す「組替」、プロトタイピングによる「表現」をまわしていく創造のサイクルである。
  • 要点
    3
    内発的な妄想を突き詰めていくと、往々にして社会的な問題解決という大きな流れにつながる。ビジョン思考は、間違いなく次の時代に求められるアプローチである。

要約

ビジョン思考とは何か

自分モードで考える
NiseriN/gettyimages

目の前の膨大な業務、チームのマネジメント、顧客対応、家事・育児・介護……ふつうに生きていると、いつの間にか私たちは、「自分がどう感じるか」よりも「どうすれば他人が満足するか」ばかりを考えてしまう。脳が「他人モード」に入ってしまうのだ。その一方で、日常で「自分モード」と呼べる時間がなかなか持てていない。このように自分モードのスイッチを切ったまま日々を過ごしていると、私たちは次第に「何をしたいのか」を思い出せなくなってしまう。

じつは企業経営でもこれと同じことが起きている。売上・利益、株主、マーケット、競合……「外部」ばかりを見ているうちに、「自分たちの原点」=「そもそも何をしたかったのか」が見失なわれてしまうのだ。するとその組織からは少しずつエネルギーが失われていく。

圧倒的な結果を出し続けている会社やチームには、「これがやりたい!」という強い思いを持った人たちがいるものである。そうした思いの源にあるのは、ロジカルに説明しきれない「直感」であり「妄想」だ。

ビジョン・ドリブン

「ビジョン思考(Vision Thinking)」とは、「直感」を「論理」につなぎ、「妄想」を「戦略」に落とし込む思考のモードである。

現在のリアルなビジネスを主に動かしているのは、PDCAによる効率化を目指す「カイゼン思考」であり、マーケットを獲りにいく「戦略思考」だ。そこで重視されるのは論拠やエビデンスであり、論理に裏打ちされた戦略である。いわゆる「言語脳(左脳モード)」の領域だ。

それに対して、言語脳だけではなく「イメージ脳(右脳モード)」も活用しようという「両脳(ハイブリッド)」な思考法が「デザイン思考」である。デザイン思考のエッセンスは「手を動かして考える」、「五感を活用する」、「人間中心の共創プロセス」の3点に集約できる。

「ビジョン思考」もこのようなエッセンスを踏襲している。だがデザイン思考が「現前する課題(イシュー)」からスタートするのに対して、ビジョン思考は「内発的な妄想(ビジョン)」から発想する。「イシュー・ドリブン(Issue-Driven)」と、「ビジョン・ドリブン(Vision-Driven)」との違いである。

【必読ポイント!】 ビジョン思考のメソッド

余白をつくる
Graphic Designer/gettyimages

ビジョン思考をマスターするためには、それを「習慣化」することが必要である。そこで大切になるのが「スペース」と「メソッド」だ。

ビジョン思考のスペースとは、脳が「自分モード」を取り戻すための空間と時間の「余白」のことである。具体的なアドバイスは次の2つだ。

(1)いますぐ1冊のノートを買うこと(A6・無地のモレスキンノートがおすすめ)

(2)いますぐカレンダーに、毎朝15分、ノートを書くためだけの予定を入れること

そこに「そのときに感じていること」を毎日フリーに書いていく。「ジャーナリング」という手法だ。「手書き」「1カ月続ける」「人に見せない」――これらのルールを守りながら続けていくだけで、「直感と論理をつなぐ思考法」が身についてくる。そして次第に自分モードが戻ってくる。

妄想のメソッド

ビジョン思考の具体的なメソッドは、妄想→知覚→組替→表現のサイクルからなる。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
直感と論理をつなぐ思考法
直感と論理をつなぐ思考法
VISION DRIVEN
著者
佐宗邦威
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年03月06日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
直感と論理をつなぐ思考法
未 読
直感と論理をつなぐ思考法
ジャンル
スキルアップ・キャリア 自己啓発・マインド リーダーシップ・マネジメント 経営戦略 起業・イノベーション マーケティング
著者
佐宗邦威
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2019年03月06日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

やってはいけない7つの「悪い」習慣
やってはいけない7つの「悪い」習慣
デビッド・M・R・コヴィー スティーブン・M・マーディクス 野津智子(訳)
未 読
リンク
伝達の整理学
伝達の整理学
外山滋比古
未 読
リンク
OODA LOOP(ウーダループ)
OODA LOOP(ウーダループ)
チェット・リチャーズ 原田勉(訳)
未 読
リンク
管理ゼロで成果はあがる
管理ゼロで成果はあがる
倉貫義人
未 読
リンク
即動力
即動力
田村淳
未 読
リンク
人生は攻略できる
人生は攻略できる
橘玲
未 読
リンク
勉強大全
勉強大全
伊沢拓司
未 読
リンク
VUCA時代の仕事のキホン
VUCA時代の仕事のキホン
河野英太郎
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
2020.01.22 update
リンク
『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
『82年生まれ、キム・ジヨン』
『82年生まれ、キム・ジヨン』
2019.11.29 update
リンク
「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
2019.07.26 update
リンク