街場の親子論
父と娘の困難なものがたり

未 読
街場の親子論
ジャンル
著者
内田樹 内田るん
出版社
中央公論新社 出版社ページへ
定価
900円 (税抜)
出版日
2020年06月10日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
街場の親子論
街場の親子論
父と娘の困難なものがたり
著者
内田樹 内田るん
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
中央公論新社 出版社ページへ
定価
900円 (税抜)
出版日
2020年06月10日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

親子はこうあるべきだと主張する考え方には様々なものがある。しかし、親子、家族といえども、1人の人間と人間が向き合う関係であることには変わりない。1人ひとりの人間のあり方が違うならば、それぞれの人間との結びつき方も変わるはずだ。だから、親子関係の絶対の真理となる唯一の「正解」などない。

本書において父親・内田樹と娘・内田るんは、往復書簡を重ねる中で、手探りで親子関係の「正解」を探していく。しかし、どうやらそのようなものはないらしいことに気づく。そもそも、人間は自分で自分のことを完全にわかっているわけではない。他の人から言われて気づく自分の姿もある。父と娘は往復書簡という形でつづられるお互いの言葉から、自分では気づかなかった自分自身の姿を見つけていく。父にとっての娘、娘にとっての父という「他者」との対話を通して、今まで知らなかった娘の、父親の思いに気づかされることもたくさんあったようだ。

本書でも述べられているように、親子関係は完璧でなくても良いし、理解できない部分や考えが違う部分もある。それを前提とするくらいの方が、ちょうど良い親子関係を築けるのかもしれない。問題があっても、失敗しても、それも含めて受け入れていくような向き合い方を、親として、子として、考えていけるようになるのではないだろうか。

そして、それはすべての他者に開いてゆくことのできる視点である。

大賀祐樹

著者

内田樹(うちだ たつる)
1950年東京生まれ。思想家、武道家(合気道7段)、神戸女学院大学名誉教授。東京大学文学部仏文科卒。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。2011年、哲学と武道研究のための私塾「凱風館」を開設。『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第6回小林秀雄賞、『日本辺境論』(新潮新書)で第3回新書大賞、執筆活動全般について第3回伊丹十三賞を受賞。著書に『ためらいの倫理学』(角川文庫)、『レヴィナスと愛の現象学』(文春文庫)、『先生はえらい』(ちくまプリマ―新書)など多数。近刊に『サル化する世界』(文藝春秋)、『街場の日韓論』(編著、晶文社)がある。

内田るん(うちだ るん)
1982年東京生まれ。詩人、フェミニスト、イベントオーガナイザー。8歳のときに兵庫県芦屋市立山手小学校に転校、県立芦屋高等学校卒業。バンド「くほんぶつ」「The Scrooge」を主宰。

本書の要点

  • 要点
    1
    どんなに親しい間柄でも100%の理解、共感が成り立つことはあり得ない。家族の間に秘密があるのも当たり前だ。「家族は心の底から理解し共感し合うべきだ」という前提から話を始めるよりも、家族関係の合格点を低めに設定しておくくらいがちょうどいい。
  • 要点
    2
    家族でも、友人関係でも、「共感できないけれど、一緒にいて楽しい」という方が人間同士のかかわりとしてはずっと自然だし、居心地が良い。
  • 要点
    3
    緊密な家庭内合意形成の必要はなく、1人ひとりがどんなことを考えていてもいい。理解も共感もなくても、人は支え合うことができる。

要約

微妙に噛み合わないくらいがちょうどいい(父・内田樹)

家族の間にも秘密はある
nd3000/gettyimages

最近の若い人たちが、あまり「つるんで遊ぶ」ことをしなくなったように見えるのは、他人とコミュニケーションするのが面倒だからではないだろうか。そうして他人との付き合いを負担に感じるようになったのは、共感圧力が強すぎるせいだと思う。

いまの日本社会では、過剰なほどに共感が求められている気がする。しかし、ふつう他者との間で100%の理解と共感が成立することなんかあり得ない。どんなに親しい間であっても、共感できることもあればできないこともあるし、理解できることもあればできないこともある。

家族の間に秘密があることも当たり前であり、家族に知られたくない思いを心の奥底に抱え込んでいるものだ。もし「家族らしい思いやり」というものがあるとすれば、家族が隠していそうな「心の秘密」に気づいてもそれに不用意に近づかない、という気づかいのことではないだろうか。

どれだけ親しい間柄でも、必ずどちらかが「何でそんなことを言うのかわからないこと」を言い出し、「何でそんなことをするのかわからないこと」をし始める。しかし、それは避けがたいものなのだという心の準備はなかなかできないので、「親しいつもりだった家族」は傷つけ合ってしまう。「家族はお互いに秘密を持たない方がいい」「家族は心の底から理解し共感し合うべきだ」という、間違った前提から話を始めたことがその原因なのだ。

「あるべき家族」について高い理想を掲げ、お互いをつねに「減点法」で採点するのはよくない。家族の合格点をわりと低めに設定しておいて、「ああ、今日も合格点がとれた。善哉善哉」と安堵する日々を送る方が、精神衛生にも身体にもよいのではないだろうか。

親子のコミュニケーション
Orbon Alija/gettyimages

電車の中で高校生たちが話しているのを横で聴いていると、超高速で言葉が飛び交っていることに驚かされる。脊髄反射的で、「口ごもる」とか「しばし沈思する」ということがまったくない。おそらくかれらは、その超高速コミュニケーションが「良質のコミュニケーション」だと思っている。

超高速コミュニケーションが可能となるためには、そのサークルにおける自分の「立ち位置」、「こういうふうに話を振られたら、こういうふうに即答するやつ」という「キャラ設定」が確定していなければならない。これはとても疲れることだし、大きなリスクを含んでいる。キャラ設定を受け入れると、たしかに集団内部に自分の「居場所」はできる。一方でこれは、最初に与えられた役割から踏み出さず、そこから変化してはいけない、という無言の命令とセットとなる。

家庭内でも、無数の「キャラ設定」がある。その期待に応えてそれらしいリアクションをすると、家族も機嫌がよくなる。しかし家族の絆はつねに、「変化するな」という威圧的な命令を含意している。人が成長するときには、3日経つと別人になってしまうくらいの勢いで変わる。だから、若い人たちが成熟を願うのであれば、どこかで家族の絆を諦めるしかない。子どもの成熟と家族の絆はトレードオフなのだ。絆が固ければ固いほど、成熟を求めて絆を切った子どもと残された家族とのその後の関係修復は困難になる。だったら、はじめから絆は緩めにしておいた方がいい。

この往復書簡を通読すると、親密なやりとりよりも、「なんとも微妙なすれ違い」の方に興味を持つのではないだろうか。

私たち2人は、うまくコミュニケーションのできない親子だった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

22世紀を見る君たちへ
22世紀を見る君たちへ
平田オリザ
未 読
リンク
現代経済学の直観的方法
現代経済学の直観的方法
長沼伸一郎
未 読
リンク
大前研一 AI&フィンテック大全
大前研一 AI&フィンテック大全
大前研一
未 読
リンク
マインドフルネスが最高の人材とチームをつくる
マインドフルネスが最高の人材とチームをつくる
荻野淳也
未 読
リンク
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
ジャパネットの経営
ジャパネットの経営
髙田旭人
未 読
リンク
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク
食卓の経営塾
食卓の経営塾
横川正紀
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク
親が子どもに贈りたい本5冊
親が子どもに贈りたい本5冊
2019.07.15 update
リンク
自分を成長させたいなら、「頂にある本」を読め
自分を成長させたいなら、「頂にある本」を読め
2019.02.12 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『街場の親子論』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る